2017年5月10日 お客様からの写真

DIYで浴室の鏡を交換されたお客様のご紹介(千葉県市川市O様)

こんにちは!コダマガラスお客様担当のMKです。
 
今回はDIYで浴室の鏡を交換されたお客様からいただいたお写真をご紹介します。


 

*ご購入いただいた商品

【ガラス種類】FLM5:クリアミラー/5mm
【ガラスサイズ】W318mm×H846mm <重量約 3.4kg>
【切断処理方法】全周糸面磨き(最も綺麗な加工)
【4隅の加工】4隅角落とし加工
【枚数】1枚
 
【特殊加工】全面防湿加工(防錆)加工
 
【特殊加工】浴室用:防曇フィルム貼り TN-200
 
<同梱品>
【ミラーマット】MT
【数量】8枚
 
【速乾ボンド】SB-S 50ml
【数量】1ケ
 
【変成シリコン】HS-T:チューブ式
【数量】1ケ
 
 

*お客様コメント


 
本日日中にガラスが届きましたので、
早速、取り付けてみました。
 
築15年以上のユニットバス。
古いガラスを取り外せるのかが心配でしたが、
上の金具の上に塗られていた透明のボンドを剥がし、
金具を上げてみたら意外に問題なくあがりました。
 
ビデオではピアノ線で壁と古い鏡の隙間を剥がすよう
アドバイスがありましたが、
私は御社からガラスが届いたときに梱包に使われていた
黄色いプラスチックのテーブ様のひも(?)を上から通し、
左右を引っ張りながら下まで下ろしました。
 
途中ちょっと堅いところもありましたが、私一人で外せました!
 
壁面には接着剤みたいなものがついていたので、
ある程度綺麗になるまでシールはがしをスプレーしながら
プラスチックのへらではがし、
一緒に送ってくださったボンドやシリコンを使って新しい鏡を貼りました。
 
ガラスのサイズはメーカーのノーリツが
うちのユニットバスの品番から調べて教えてくれたので、
その通りに発注したら、本当にぴったりでした。
 
一気にユニットバスが新品になりました。
 
 
結果的には一連の作業はものすごく簡単で、
ユニットバスの製品番号確認とガラスのサイズ確認、
発注から取り付けまで合計しても
一時間もかからなかったのでは?と思います。
 
取り付け自体は、古い接着剤を剥がすのが厄介なだけでした。
 
少し残ってはいましたが、気にせず、上から貼ってしまいました。
 
 
本当にどうもありがとうございました。
 
思い切って御社に発注して、本当に良かったです。
 
古い鏡の裏面と、設置したあとの写真を添付しますね。
 

 

*コダマガラスコメント

浴室のミラーを交換する手順とご感想をありがとうございます!
新しい鏡をとりつけると想像より変化して驚きますよね!
今回はPPバンドで外せたとのことですが、大変だったと存じます。
その分、防湿(防錆)+防曇の鏡となった新品ミラーを是非
長持ちさせてくださいね!
 
他にも交換しようとお考えていただいてるお客様の背中を
そっと優しく押せるような、レビューとお写真をありがとうございました。

≪ブログ担当:MK≫
 
 

*浴室の鏡をDIY交換できるよう応援しております!

浴室の鏡をDIYで交換しませんか?新しい鏡を全国へお届けします。
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス