2017年6月29日 公式youtubeチャンネル

ガラスの安全対策:破損止めの効果について

こんにちは!株式会社コダマガラス児玉です。
 
 
今回はガラスの安全対策のひとつ「ガラス小口に取り付ける破損止め」について、その効果を見てみたいと思います。


 
 
 
ガラスは小口が弱いという性質があり、強化ガラスの場合小口に固いものがぶつかると、欠けが生じるどころか粉々に全損する可能性があります。

 
 
 
そこで、ガラス引戸やスクリーン、ガラスの蓋等で、ガラスの小口同士がぶつかってしまう場合や、ガラスが金物等硬い素材に直接当たってしまう可能性がある際には、こちらの透明(クリア)破損止めをお勧めしています。

 
 
 
そこで今回はこの破損止めについて、どのくらいの効果があるのか?検証してみたいと思います。
 
 
 
スプーンでガラスの小口を叩いてみても破損止めありだと割れません。

 
 
破損止めがない場合は、硬いものがぶつかると割れてしまいます。

 
 
 

強化ガラス小口と強化ガラス小口の場合

 
 
 
この場合でも破損止めありだと、かなり強めにぶつかっても割れません。


 
 
 
破損止めがない場合は、数回目で割れてしまいました。

 
 
その他にも検証しています。詳しくは動画で実験結果をご覧ください。

その他動画では様々な実験をしています

 
 
 
如何でしたでしょうか?

 
 
ガラス小口とガラス小口が直接ぶつかるような場合や、ガラスとステンレス・大理石等硬い素材と直接当たるような場合は、ガラス小口に破損止め取り付けて使用していただきますようお願い致します。
 
 
ちなみにテーブル天板の上に同じサイズのガラスを置く場合には別途コーナーガード等をご使用ください。

この記事の内容を動画で見る

 
詳しくは動画でもご説明しています、是非こちらもご覧ください。
 


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


 
 
 
 
以上「ガラスの安全対策:破損止めの効果について」でした
 
その他ご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。
 
 
お問い合わせやオーダーについてはWEBサイトを参照ください
 
 
オーダーガラス板専門店
 
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス