2017年7月20日 公式youtubeチャンネル

ブラケット壁面取付タイプの金具について~チャンネルサポート:棚柱 編

こんにちは! 株式会社コダマガラス 児玉です。
 
 
今回は「ブラケット壁面取付タイプの金具について~チャンネルサポート:棚柱 編」ということで
チャンネルサポートの構造及び取り付け方等についてご説明いたします。

まずは動画をご覧ください

チャンネルサポートはシングルスリットとダブルスリットがあります。

基本的にはシングルスリットを使用します。

ダブルスリットは連続して棚ガラスを設置する場合

内々仕様といいましてガラス寸法を棚柱の内側に設定して横並びに
設置する場合に使用します。

チャンネルサポートの断面形状は正面の幅について


約8mm(7.8mm)奥行は11mmとなります。

ビス穴について

225mmピッチ間隔でビス穴が空いていますが、端にビス穴が二つ並んでいる側が『上』になります。

サイズについて

規格の寸法で600、900、1200、1500、1820、2400、3000があります。 現場に合わせてカットすることも可能です。
 カットする場合は下側をカットするようにして下さい。

当社で取り扱っているのはロイヤルというメーカーの製品

  
 ガラス棚のみの追加や既にチャンネルサポートが取り付けられている場合、上側の二つビス穴が並んだ下側、「ココ」をご確認下さい。  
  この場所にローマ字のAが二つ並んだようなマークがあれば、同じ製品となりますので、ブラケット等のみのご注文で問題なく使用ができます。

では実際に壁に取り付けていきます。

 
 
当社ショールームのこの壁に棚を取付けたいと思います。
 
  
 

まず下地を探します。
プラスターボードにビスが効かないため下地に直接ビス止めするようにして下さい  
  今回はこの部分に下地があるので、ここにチャンネルサポートを取付けます。  
  取付位置を決めたら、水平・垂直を確認しチャンネルサポートをビス止めします。 ビスは専用のビスを使用して下さい。
 
  内装の業者さんであれば「ロイヤルのビス」でどんなビスか分かっていただくかと思いますが、こちらの専用ビスは少しビス頭が小さくなっております。  
  ビス頭がチャンネルサポートより飛び出てしまうと、ブラケットが上手く嵌らない場合がありますのでご注意ください。

ビスの長さは20、25、30、40、50mmがあります。


壁がコンパネ等木材の場合は25mm、30mm程度で良いです。
壁がプラスターボードでボード下地の軽鉄にビス止めする場合は40mmが良いです。  
  チャンネルサポートの奥行は11mmありますので、壁の下地の構造によって適した長さのビスを指定して下さい

以上「テーブルトップの上に置くガラスの測り方~ 四角形編」でした

この記事の内容を動画で見る

詳しくは動画でもご説明しています、是非こちらもご覧ください。


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!

以上「テーブルトップの上に置くガラスの測り方~ 四角形編」でした

その他ご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。
お問い合わせやオーダーについてはWEBサイトを参照ください

株式会社コダマガラスでは、
ガラス板と棚受け金具をセットでお送りします!

詳しくはガラス棚専門店をご参照ください。
ガラス棚専門店
株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス