2018年1月18日 公式youtubeチャンネル

高透過ミラーの「実は・・・」クリアミラーとの違い

こんにちは。株式会社コダマガラス 児玉です。
 
高透過ミラーの「実は・・・」ということで、クリアミラーと比べて高透過ミラーの方が見た目が綺麗なのですが、具体的にどのように違うのか?
 
もう少し詳しくご説明したいと思います。


 

【クリアミラーと高透過ミラーの違い】

 
 
クリアミラーとは普通透明ガラス(クリアガラス)を銀引きしてミラーに加工したガラス製の鏡のことで、フロートガラスから加工されています。

 
 
フロートガラスはこのように若干緑色が入っています。

 
 
この緑色の成分を少なくしたのが高透過ガラスで、その高透過ガラスを銀引きしてミラーに加工したものが高透過ミラーになります。

 
 
実際に横に並べてみると色の違いがよく分かります。

 
 
普通に姿見として使用する分にはクリアミラーで特に何の問題もなく、普段見かけるミラーのほとんどはこのクリアミラーとなります。

 
 
高透過ミラーは無色透明に近いので、色を忠実に表現したい場合、化粧品店をはじめ美容室や高級ブティック等でよく使われます。

 
もちろん普通の姿見としても使用していただけます。
 
強度的には変わらず防錆加工することで浴室や洗面所にも使用可能です。

 
 
また、防曇フィルム、部分透明加工、フロスト加工等々クリアミラーと同じ加工ができます。

 
 
 

【高透過ミラーの弱点】

 
 
but. そんな高透過ミラーにも弱点が2点あります。
 
 
まずはコスト。

通常のクリアミラーの場合300*1200の糸面磨きで6,300円、高透過ミラーで11,900円(送料等別)となります。
 
 
クリアミラーと比べて綺麗なミラーなので致し方ない面はあるかと思いますが、

 
 
 
もう1点知られざるホントの話なのですが高透過ミラーについて、泡が入っている可能性が高いミラーとなります。

 
 
昔に比べると減っているようですが、クリアミラーと比べると泡が入っていることが多いです。
高透過ガラスの製造方法によるものですが、メーカーからは泡はノークレームでお願いしますと伝えられています。

 
 
もちろん泡といってもこんな感じで入っているわけではありません。
 
小さなものがまれに入っている程度となり、逆に泡を探しても見つけることがなかなかできないので、通常使用には支障が無いレベルとなります。

 
 

【まとめ】

 
如何でしたでしょうか?
クリアミラーと比べると高透過ミラーの方がより明るい感じになります。

 
 
玄関の姿見ミラーでしたらクリアミラーで特に問題はありませんが、白を基調とした部屋でしたらクリアミラーの緑色が若干気になるかもしれないです。

 
 
クリアミラーと高透過ミラー、ご使用の用途とコスト等を踏まえてお選びいただければと思います。

 
 
 
以上【高透過ミラーの「実は・・・」クリアミラーとの違い】でした。


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


 
 
 
コダマガラスではクリアミラー、高透過ミラーをはじめ各種色付きミラーをオーダーでカット・販売及び施工もしています。
その他ご相談やご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。
 
 
オーダーミラー(ガラス鏡)専門店|各種ミラー全国へお届け
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス