2017年8月8日キッチンのフラットなコンロにオイルガードを取り付けたお客様(長野県松本市M社N様)
こんにちは!コダマガラスお客様担当のMKです。   今回は、キッチンのフラットなコンロにオイルガードを取り付けたお客様からいただいたお写真をご紹介します。     *ご購入いただいた商品 <No.1> 【ガラス種類】TP8:強化フロートガラス/8mm 【ガラスサイズ】W798mm×H792mm <重量約 12.8kg> 【切断処理方法】H二方糸面磨き(最も綺麗な加工) 【4隅の加工】4隅角落とし加工 【枚数】1枚   【コの字チャンネル】:04157(厚み8mm用) 【仕上げ】:ステンレスHL 皿穴加工 木ビス、セッティングブロック
>>続きを読む
2017年8月7日焼き鳥の焼き台の周りを囲むためにガラスを設置されたお客様(高知県高知市H様)
こんにちは!コダマガラスお客様担当のMKです。   今回は、焼き鳥の焼き台の周りを囲むためにガラスを設置されたお客様からいただいたお写真をご紹介します。 直接火は当たらない位置で三面を囲むように設置する予定とのこと。     *ご購入いただいた商品 <No.1> 【ガラス種類】TP8:強化フロートガラス/8mm 【ガラスサイズ】W1165mm×D935mm <重量約 21.8kg> 【切断面処理】全周糸面磨き(最も綺麗な加工) 【4隅の加工】4隅角落とし加工 【枚数】1枚   <No.2> 【ガラス種類】TP8:強化フロートガラス/8mm 【ガラスサイズ】W450mm×D935mm <重量約
>>続きを読む
2017年8月7日[施工]キッチンに8mmのフロスト(タペ)ガラスでオイルガードを設置
大阪府羽曳野市N様のお宅のキッチンに、8mmのフロスト(タペ)ガラスでオイルガードを設置してまいりました。     ご注文内容 強化フロスト(タペストリー)ガラス/8mm W778mm×H725mm  H一方糸面磨き 4隅角落とし加工   コの字チャンネル(厚み8mm用)ステンレスHL 皿穴加工   木ビス、セッティングブロック、PPバンド、バックアップ L=780mm     お客様の声     スタッフの声 フロストガラス(タペガラス)でオイルガードを設計されたとのこと
>>続きを読む
2017年8月2日キッチンに固定式のディバイダーを取り付けたお客様(長崎県佐世保市M様)
こんにちは!コダマガラスお客様担当のMKです。   今回は、キッチンに固定式のディバイダーを取り付けたお客様からいただいたお写真をご紹介します。     *ご購入いただいた商品 【ガラス種類】TP6:強化フロートガラス/6mm 【ガラスサイズ】W600mm×D300mm <重量約 2.7kg> 【切断面処理】全周糸面磨き(最も綺麗な加工) 【4隅の加工】4隅5mmR 【枚数】1枚   【クランプタイプ】 2881VA2 【カラーパターン】サテン仕上げ 【数
>>続きを読む
2017年5月11日「可動式キッチンディバイダー:ID25」の組み立て方
今回は「可動式キッチンディバイダー:ID25」の組み立て方についてご説明いたします。
こんにちは。コダマガラス児玉です。   対面式のキッチンカウンターで、「シンクの水はね防止ガード」や「コンロの油はね防止ガード」をご検討中のお客様へ。     ガラスで仕切りをしたいが、 固定式だとカウンターの天板に穴をあけるのはちょっと….   仕切りが邪魔に感じるようなことがあるかも?….     等々とどうしようかお悩みの方には「可動式キッチンディバイダー」をお勧めしています。     今回はガラスに金具を挟むだけでできる「可動式キッチンディバイダー:ID25」の組み立てについてご説明していきます。   &nbs
>>続きを読む
2017年4月6日『強化ガラス製オイルガード』の取り付け方法 対面カウンターに設置
強化ガラス製オイルガード
こんにちは。コダマガラス児玉です。     今回は対面カウンターに設置する「強化ガラス製オイルガード」の取付方法についてご説明いたします。     まず取り付け位置と幅のサイズを決めますが、オイルガードということなのでコンロ前にコンロと同じサイズか少し大きめに設定します。       お問い合わせの際は「開口寸法=取り付ける位置の幅と高さサイズ」をご連絡下さい。 その他、強化高透過ガラスや、強化スモーク(グレー:黒色)、強化スモーク(ブロンズ:茶色)や、強化フロスト(タペストリー)ガラスもあります。   強化ガラスの耐熱温度は150℃~200℃と
>>続きを読む
2016年12月1日キッチンのオイルガードには強化ガラスが適している理由とは?
  株式会社コダマガラス 児玉(こだま)です。   今回は「キッチンのオイルガードには強化ガラスが適しているその理由」ということで、   オイルガードをご検討中のお客様へ、当社では直接火があたらないようであれば、強化ガラスをお勧めしています。   オススメのわけは?   強化ガラスは耐熱温度が150~200℃あるので、通常の使用を想定して、 湯気や油、火の粉等等がガラスに当たった程度では割れたりすることは考えにくいからです。     熱衝撃強度 ※熱衝撃強度試験条件 ガラス寸法は10cm×10cm、ガラスエッジはカッターによりクリアーカットしたものとします。  
>>続きを読む