2017年2月16日 公式youtubeチャンネル

「強化ガラスにカッターナイフを当ててはいけない」理由とは?

こんにちは! 株式会社コダマガラス 児玉です
 
突然ですが、窓のクリーニングをする業者さんやカッティングシートの施工業者さんであれば、強化ガラスをカッターやスクレーパーで掃除してはいけないのは
常識です

 
 
ということで、今回のテーマは
強化ガラスはカッターで傷が入りやすいって本当?
 
です。
 
一般的に強化ガラスは、フロートガラスに比べて3倍~5倍以上の強度がありますが、ガラス表面硬度を高くしたものではありません。
表面硬度に関しては、むしろフロート板ガラスに比べて若干低いといわれています。
 
そこで、検証実験として実際にフロートガラスと強化フロートガラスに、
カッターで傷を入れてみて、傷の入り方の違いを見てみたいと思います
 
 
まずは手始めにかる~くカッターを当ててみます。
こちらはフロートガラス
フロートガラス
こちらは強化フロートガラス
強化フロートガラス
 
 
見てみます。
・・・・
 

  

強化ガラスは若干傷が入りやすいといっても、やはりガラスです。
かる~くあてた程度では傷は入りません。
 
 
 
では、思いっきりフルパワーでカッターで傷を入れてみます。
結果
 
違い
 
強化ガラスの方がくっきりと深い傷が入りました。
 
 
詳しくは動画でもご説明しています。
動画ではカッターを当てる力具合も確認できると思いますので、是非ご覧ください


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
 
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!

 
 
如何でしたでしょうか?
 
結果としては
強く当てると傷がはいるね
という何とも当たり前ような結果となりました。。。
 
 
検証実験では

かなり微妙な差ですが。。。
 
 
テーブルの天板等として普通に使用する分には少々のことで傷が入ることはありませんが、カッター等鋭利なもので強くこすったり、表面がザラザラとした素材のものでこすったりしないようにご注意ください。
 
また、カッターマット等として使用するような場合はフロートガラスの方が適している場合もありますので、お問い合わせの際にはご利用の用途等も合わせて教えて下さい。
 
 
以上「強化ガラスはカッターで傷が入りやすいって本当?」でした
 
 

オーダーガラス板専門店
株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス