2017年11月30日 公式youtubeチャンネル

両手両足をいっぱい広げても見えるミラーの大きさ

「両手両足をいっぱい広げても見えるミラーの大きさ」
こんにちは。株式会社コダマガラス 児玉です


ミラーのサイズを決める際、顔だけ見えたら良い大きさ、上半身が映ったら良い、
足先から爪先まで見えたら良い。両手両足をいっぱい広げても見える大きさが良い。

 
 
床に寝そべっても全身見える位置に貼りたい。

 
 
等々、使用される用途によってミラーのサイズや位置に迷うと思います。

 
 

そこで今回はさまざまなシチュエーション別に
最低限必要なミラーのサイズ及び位置等について検証を進めてみたいと思います
 
  
 


最低限顔だけが見えたら良い大きさは15cm角程度です


少し余裕をみて20cm角程度であれば十分に顔を見ることができます。


最低限上半身が見えたら良い大きさは30cm X 40cm程度です


少し余裕をみて45cm X 60cm程度であれば充分に上半身を見ることができます。


ちなみに目線が同じ位置であれば、ミラーとの距離が変わっても、見える範囲は変わりません

【身長約180cmの場合】
最低限全身が映るミラーのサイズは30cm X 90cmです(身長約180cmの場合)


位置はミラーの上端が床から180cmの位置にあれば問題ありません

また、身長が150cmになると高サイズは75cmと小さくなりますが、下端が床から75cm位のところまでないと足元が見えなくなります


これらのことから、少し余裕をみてミラーの高サイズは120cmで床から60cm~180cmの位置に取り付ければほぼ問題はないかと思います。


両手両足をいっぱい広げても見えるミラーの大きさ


両手を横に広げても見えるミラーの幅サイズは最低90cmで、約120cmであれば余裕で見ることができます。


立った状態で両手を上に広げても見えるミラーのサイズは約120cmで位置は床から約80cm~200cmの位置にあれば見ることができます。

スポーツジムであれば座った状態で見ることもあるかと思います。


座った状態で見えるミラーの範囲は床から約30㎝からミラーがあると良いです。


これらのことからミラーの高さサイズについて、立った状態でのみ使用する場合は少し余裕をみてサイズが150cm。


床から60cm~210cmにつければほぼ問題ないかと思います。


座った状態でも使用する場合はサイズが180cm。
床から30㎝~210cmの位置に取り付ければほぼ問題ありません。

床に寝そべっても見たい場合、できるだけ下からミラーを貼った方が良いです。


床から貼ると物がぶつかったりして割れる可能性が高くなるので、巾木分60mm~100mm程度は上から貼った方が良いです。


 
 
ちなみに幅が1200mmあれば寝た状態で手を伸ばしても、何とか全身見ることができます。

 
 

如何でしたでしょうか?
 
 
シチュエーション別に最低限必要なミラーのサイズ及び位置等については以上です。

 
 

それではまた来週
 
 

動画でチェックする

 
 


 
 
※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


オーダーミラー(ガラス鏡)専門店|各種ミラー全国へお届け

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス