1. 種類別一覧

  2. クリアなガラス

  3. 柄のあるガラス

  4. カラーのガラス

  5. ミラー

  6. 強化・耐熱

  7. 機能ガラス

  8. 壁装材

  9. 取付部材

  10. 短納期の商品

  1. テーブルトップ

  2. 外装窓

  3. 建具・家具

  4. オイルガード

  5. 棚・ラック・ガラス扉

  6. 額縁・額装

  7. 水槽の蓋

  8. 薪ストーブ

  9. スタジオ

  10. 姿見

  11. 浴室ミラー・洗面ミラー

  12. キャスター付ミラー

  1. 普通ガラス、耐熱や低反射などの機能をもったガラスをお探しの方

  2. 建具や家具などの透けるカラーのデザインガラスをお探しの方

  3. 姿見などの鏡、カラーやデザイン性の高いミラーをお探しの方

  4. プロによるガラスや鏡の取付・工事をご希望の方

  5. 割れにくく熱にも強い強化ガラスをお探しの方

  6. ガラステーブルの天板やガラスマットをお探しの方

  7. 壁面やニッチにガラス棚やガラスラックをお求めの方

  8. 食器棚などの引戸用のガラスやレールをお探しの方

防湿(防さび)加工とは


▲鏡下部のふちが腐食している様子
ミラーの裏面は湿気に弱く、浴室や洗面・水周り等のミラーは、環境によっては半年くらいで端部から黒や茶色に 腐食してしまう場合もあります。

通常の鏡は、ガラス表面に銀膜+銅膜+特殊塗料でコーティング保護されていますが、端の境目の部分は保護できず、 その部分から湿気等が入り、腐食が進行します。

防湿(防錆)加工とは、ミラーのカット切断面処理加工後、端の保護されていない部分に特殊塗料を塗り(小口防湿)、 湿気だけでなく洗剤等の薬品からも保護します。
5年~10年使用していると、端だけでなくミラー中心部から点々と黒いシミのようなものが出てくることもありますが、 全面防湿(防錆)加工することで、更に長持ちさせることもできます。

また、裏面に飛散防止フィルムを貼ると、耐食効果もあります。

ミラーの断面図

 [コラム]防湿(防錆)加工が不可の鏡(不要の鏡)があります  

コダマガラスで取り扱っている鏡の中で、防湿(防錆)加工をお断りしている鏡があります。
スパッタリング製法で作られた鏡はそもそも錆ないため、防湿(防錆)加工が不要になります。

防湿(防錆)加工が不可のミラー

BKM(ニューブラックミラー)・DDM(ディープダークミラー)・CPM(シャンパンピンクミラー)・GYM(ゴールドイエローミラー)・CEM(シンディエラミラー)・LJM(レジャンヌミラー)・BDM(バブルドットミラー)・LLM(ルナランプミラー)

◎使用用途に合った加工一覧

 [コラム]小口防湿(防錆)加工と全面防湿(防錆)加工、どちらにすればよいか  

玄関の姿見や、寝室のクロゼット、またショップのフィッティングルームのミラー等、 水が頻繁にかかることがなく、湿気も少ない場所では、防湿加工はなくても特に問題はありません。
洗面所やトイレの手洗い前、脱衣所等の水がかかったり、湿気のある場所には「小口防湿加工」が良いです。

また、浴室やシャワー室等、水やお湯がかかったり、湿度もかなり高い場所で使用する場合は、 「全面防湿(防錆)加工」をおススメいたします。

洗面ミラーには → 小口防湿(防サビ)加工 | 浴室ミラーには → 全面防湿(防サビ)加工

鏡のシケを防止する防湿(防サビ)加工の耐久性を調べてみた

防湿(防サビ)加工したミラーをお探しの方へオススメページ


洗面の鏡をご検討の方は、小口防湿(防サビ)加工は必須です。
詳しくは「洗面の鏡をオーダーする方法」をご覧ください。

全面防湿=浴室の鏡に必須の加工です。
浴室の鏡をご検討中の方は「洗面の鏡をオーダーする方法」をご確認ください。
オーダーミラー専門店