1. 種類別一覧

  2. クリアなガラス

  3. 柄のあるガラス

  4. カラーのガラス

  5. ミラー

  6. 強化・耐熱

  7. 機能ガラス

  8. 壁装材

  9. 取付部材

  10. 短納期の商品

  1. テーブルトップ

  2. 外装窓

  3. 建具・家具

  4. オイルガード

  5. 棚・ラック・ガラス扉

  6. 額縁・額装

  7. 水槽の蓋

  8. 薪ストーブ

  9. スタジオ

  10. 姿見

  11. 浴室ミラー・洗面ミラー

  12. キャスター付ミラー

  1. 普通ガラス、耐熱や低反射などの機能をもったガラスをお探しの方

  2. 建具や家具などの透けるカラーのデザインガラスをお探しの方

  3. 姿見などの鏡、カラーやデザイン性の高いミラーをお探しの方

  4. プロによるガラスや鏡の取付・工事をご希望の方

  5. クリア色で透明デザインの短納期ガラスをお探しの方

  6. 割れにくく熱にも強い強化ガラスをお探しの方

  7. ガラステーブルの天板やガラスマットをお探しの方

  8. 壁面やニッチにガラス棚やガラスラックをお求めの方

  9. 食器棚などの引戸用のガラスやレールをお探しの方

ガラスの切断面処理・磨き加工とは

◎切りっ放し

ガラスを切ったままの状態です。
ガラスの厚みやサイズによって、クリーンカットできない場合もあります。
直接触れるとケガをする可能性がありますので、お取扱いには十分ご注意ください。

◎手切れ防止処理(糸面取り)

触れただけで手が切れたりしないように糸面のみ取った状態です。
砥石(#80程度)で面を取るため、加工した部分は荒く白っぽくザラザラしています。
窓枠や額縁のガラスで、ふつう手に触れる事もなく、四方枠に入っているような場合におススメです。
※加工代は無料でさせて頂いております。

◎糸面磨き(いとめんみがき):一般的な磨き加工

切断面を1.5~2.0mm程度面を取って綺麗に磨いた加工で、切断面処理加工の中で最も安価で一般的な処理方法です。
通常の磨き加工=糸面磨きとなります。
テーブルトップやガラス棚等、普段から手に触れたり、切断面が露出し見えるような場合は、この糸面磨きが適しています。

◎幅広面磨き(はばひろめんみがき):ベベリング加工

面の幅を広く加工することで、エレガントな装飾が施されたような高級感のある感じに仕上がります。
面取りの幅は、mm(ミリ)単位でご指定いただけますが、一般的には3,5,10,15,20,25,30で加工することが多いです。
テーブルトップやガラス棚等、普段から手に触れたり、切断面が露出し見えるような場合は、この糸面磨きが適しています。
ガラス厚み:3mm 最大面磨き幅:15mmまで
ガラス厚み:5mm 最大面磨き幅:20mmまで
ガラス厚み:6mm 最大面磨き幅:25mmまで
ガラス厚み:8mm以上 最大面磨き幅:50mmまで

◎かまぼこ面磨き

ガラスの切断面を丸くカットし、磨き加工までする処理方法です。
※ガラスの厚みは6mm以上必要です。

加工代が少し高価ですが、高級感があり触った感じもなめらかで安全です。
ガラス天板やスクリーンのガラスで、ガラス小口に頻繁に触れるような場合にお勧めです。

◎ホイール加工(ルーバー加工)

ガラスの切断面を丸く角を取る加工です。
かまぼこ面とは違い、白っぽく少し荒い仕上がりとなります。
ルーバー窓のガラスや、厚み3mmのじか引き用ガラス引戸の加工をする際に、ホイール加工をします。

【ルーバー窓】ガラス切断面にされているホイール加工ってどんな?【ジャロジー】

オーダーガラス板専門店