2016年8月18日 公式youtubeチャンネル

ガラスを動かす時に指を引っ掛けるくぼみ=ガラスの引手加工とは?

15.引手加工
 
株式会社コダマガラス 児玉(こだま)です。
 
今回は
「ガラスの引手加工について」ということで、
 
水屋やコレクションケースのガラス引違い戸に加工されているこの部分、
このぶぶん1
 
この窪みの部分のことを業界では
引手加工(ひきてかこう)と呼んでいます。
 
 
この引手加工をすることで、ガラスを引く時に動かしやすくなり、穴をあけないことから強度的にもそのままで密閉性も確保されます。
 
 
また、加工断面が円の端を切り取った形状で、船の底にも似ていることから船底彫り(ふなぞこぼり)とも呼ばれています。
 
 

作成方法

MVI_1285.00_01_11_37.Still011
 
専用の機械でゆっくりとじかんをかけて丁寧にガラスを掘り込みます。
  
ガラスの切断面にも丁寧に時間をかけて糸面磨き(少し粗目)加工をします。
※厚み5mmの場合は全周糸面磨き(最も綺麗な加工)となります
 
じか引きガラスの場合4隅の欠け防止のため、4隅の処理も角落とし加工を大きめに落としますので安全です(強化ガラスは4隅5mmR)
  
引手として加工した部分のふちにも細かなやすりで手切れ防止をします。

引手加工は厚み3mm以上のガラスであれば、フロートガラスをはじめ、フロストガラスや鏡、チェッカーガラスにも加工可能です。
 
また、引手加工した強化ガラスを製作することもできます。
 
 
 

引手加工の詳細について

 掘り込みの幅と高さ
彫り込みの幅は12mm
幅
 
高さは、
厚み5mmの場合約45mm、厚み3mmの場合約35mmで加工します。
5mm時の高さ 3mm時の高さ
 
 

 掘り込み位置について
位置については指定がない場合、
幅はガラスの端から約35mm中心に加工します。
高さはガラスの高さの中心に加工します。
位置 位置の高さ
 
位置についてはオーダーで指定することも可能です。
 

オーダーの際に注意するべき点として

1.ガラスの幅と高さを明確にする。
 
  引手加工は縦長になるため、ガラスの幅と高さが違えば残念な結果になります。
  ガラスの幅と高さを指定してオーダーして下さい。
 
2.割れた場合等でどちらか片方のみをオーダーする際は、  引手加工の位置を確認する。
 
  常引き違いとして2枚1setで使用します。
 
  引手加工が高さ中心の場合、左右どちらに置いた場合でも変わりなく使用できますが、  高さが中心でない場合は左右で引手の位置がかわりますので、確認の上オーダーして下さい
 
 
 
コダマガラスでは開口寸法を教えていただければ、ガラスサイズを当方にてご提案いたします。
その他ご不明な点等ありましたら別途ご相談ください。
 
詳しくは動画でもご覧いただけます
 

ガラスの引手加工について

 


ナレーション:岩本紗依

※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
 
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので
 
是非チャンネル登録もお願いします!!!

 
 
以上
 
「ガラスの引手加工について」でした。
 
 

株式会社コダマガラスでは
水屋やコレクションケース等の家具用のガラス引戸で、引手加工したガラスだけでなく、上下レール・ハカマ等をセットでご提案・販売もしています。
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス