2016年10月13日 公式youtubeチャンネル

強化ガラスの弱点:強化ガラスの小口が弱いという特徴について

こんにちは!株式会社コダマガラス 児玉です。
 
今回は

強化ガラスの弱点:強化ガラスの小口が弱いという特徴について

ご紹介します。
 
まずは動画をご覧ください。
 


ナレーション:かがみがわとうこ

※動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
 
今回のメニューは

以上の内容でお送りします。
 

株式会社コダマガラスでは、
日本板硝子株式会社、セントラル硝子株式会社、旭硝子株式会社
及び国内強化加工メーカーによるJIS R3206強化ガラス規格適合品を取り扱っております。

詳しくは強化ガラス専門店をご参照ください。
強化ガラス専門店

 
 
 

まずは簡単に強化ガラスの特性について

強化ガラスはフロートガラスに比べて3~5倍程度の強度があり、

 
熱にも強くて耐熱温度は150~200度

 
万が一割れても粉々になるため破片で大けがをしないというメリットがあります。

 
その一方で、小口が弱い、反りが出る、割れた際に破片が飛び散るなどといった弱点があります。

 
 
強度については、日本板硝子のガラス技術資料編データをご覧ください。

フロート板ガラスの平均破壊応力が面内54.9(560)、エッジ35.3(360)に対し
強化ガラスは面内142.2(1450)、エッジ131.4(1340)と、いかに強度があるかがわかります。
 
詳しくは日本板硝子:ガラス技術資料編データ参照を参照ください
 

ガラス屋さんの豆知識『破壊応力)』とは?

 
 
物が外の力により、破壊する時の応力。応力には引っ張り、圧縮、ずれ、などの形式がある。多くの材質では応力形式によって破壊値が異なるため、それぞれ引っ張り強さ、圧縮強さ、剪断強さと呼ばれている。

 

 
 
そこで今回は
「小口が弱い」という部分に焦点をあて。ガラスの小口に固いものが当たった際
一体どれぐらいの衝撃で割れるのか?
フロートガラスと比較しながら調べてみました。
 
 
 

大実験!ガラス面、小口、に固いものをぶつける!

ガラス面、小口(側面)に固いものをぶつけて、どのぐらいの衝撃でわれるのか?
様々、道具や物を使って調べていきたいと思います。

 
 

ガラス面はハンマーで叩く!!

まずはガラス面をハンマーで叩いてみます。

 
強化ガラスの面の強度はかなり強い!
 
 

小口を塩化ビニール製のパイプで叩く!


 


 
問題無し!
 

小口を木材で叩く!


 


 
問題無し!
 
 
塩化ビニール製のパイプでも木材でも衝撃を加えてみましたが
かなりの力を加えてもガラスは割れませんでした。
これら木やプラスチックのものが小口にぶつかったとしても
欠けたり割れたりすることは考えにくいです。
 
 
 

金属製スプーンで衝撃を加える

次は少し大きめの金属製スプーンで同じように衝撃を加えてみます。

 
最初は優しくですが、徐々に力を加えていきます。
序盤はフロートガラスが少しずつ欠けていきますが、
強化ガラスは無傷のままです。
しかし、一定以上の衝撃を加えていくと…


強化ガラスは全体的に粉々になってしまいました。
 
これは強化ガラスに「厚み1/6以上の欠けが生じると全体的に粉々になる」
という特徴があることが原因となります。
 
 
 

もう少し詳しく説明すると…

強化ガラスはフロートガラスを650~700度まで加熱た後、
急冷して製造されています。
その急冷によりガラスの表面が内部よりも先に固化し、
板厚の約1/6程度に圧縮応力層が出来て、内部にはそれに釣り合う
引張応力層が形成されます。

(強化ガラスの断面と応力層 出典:旭硝子)

 
強化ガラスは、ガラス内部の引張応力層に欠けが生じた場合に
(=つまり厚み1/6以上の欠けが生じた場合に)
圧縮応力層と引張応力層のバランスが崩れて、
ガラスが全体が一瞬にして粉々に破損するという特徴があります。
 
上記の理由により、ガラスの小口に固いものがぶつかるとガラスに欠けができ、
フロートガラスは欠けるだけであるが、
強化ガラスは欠けが原因で全体が一瞬にして粉々になります。
 
 
 

動画で詳しくご説明!


毎週木曜日 週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので
是非チャンネル登録もお願いします!!!

 
 
 

まとめ


強化ガラスは、フロートガラスに比べて強度も強く、熱にも強く、
万が一割れても粉々になるというメリットがあり、
ダイニングテーブルの上に置くガラスで使用する際は
強化ガラスをお勧めしています。
 
 
強化ガラスのテーブルトップをご使用の場合、上からの衝撃で割れることはまずありません。

 
しかし小口に固いものがぶつかると、ガラスの欠けが原因で割れてしまう
可能性がありますのでガラス板のサイズはテーブル天板と
ピッタリと同じサイズにするか、
気になる方は少しだけ2~3㎜小さめにすることをお勧めいたします。
 
 
以上、強化ガラスの弱点:強化ガラスの小口が弱いという特徴についてでした!
 
 
 
 
 
株式会社コダマガラスでは、
日本板硝子株式会社、セントラル硝子株式会社、旭硝子株式会社
及び国内強化加工メーカーによるJIS R3206強化ガラス規格適合品を取り扱っております。

詳しくは強化ガラス専門店をご参照ください。
強化ガラス専門店
オーダーサイズガラス天板、テーブルトップガラス販売専門店
オーダーガラス板専門店
 
 
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス