2016年10月27日 公式youtubeチャンネル

縁の下の力持ち!テーブルガラスの下に置くすべり止めゴムの効果

すべりどめゴムの効果について~本当にすべらないのか~
 
株式会社コダマガラス 児玉(こだま)です。
 
今回は「縁の下の力持ち!テーブルガラスの下に置くすべり止めゴムの効果」ということで、
 
テーブルトップの上に置くガラス板をご注文のお客様へ株式会社コダマガラスでは厚み1mm、直径8mmのすべり止めゴムを同梱させていただいております。
 
すべり止めゴム
 
ガラスのすべり止めゴムといえば、
一般的には厚み2mm、直径8mmのものを使用することが多いのですが、テーブル天板の上に同じサイズのガラスを置く場合には、断然、厚み1mmのものをお勧めしております。
 
 
無垢の木の天板の上にガラスを置く場合に、木が呼吸するための隙間をあける。
という大切な意味のほかにも、すべりどめゴムをご使用いただくことで、簡単にガラスがずれない、地震や衝撃でガラスが落ちることがない、などの意味でも、でもこのすべり止めゴムは有効です。
 
mvi_2548-2011-sti12ll014
 
 
では、すべり止めゴムについて、お客様からよくいただくご質問等をもとに、ホントのところを検証してみましょう。
 
 

検証①「ほんとにすべらないのか?」

すべり止めゴムを置くことで、本当にすべらなくなるのか。
どの程度すべらないのか。
地震の時などにガラスがおちることがないか。などを検証していきます。
 


手で押してみる。



 
すべり止めゴムをおいていない方:ほんの少しの力でもスルスルと動いてしまう。
 
すべり止めゴを設置した方:かなり力を入れても、しっかり固定されており、なかなか動かない。
 
 


テーブルを揺らしてみる。


mvi_2548-2013
 
すべり止めゴムをおいていない方:揺れる動きに合わせてガラスもスルスルと動く。落ちる可能性もある。
 
すべり止めゴムを設置した方:かなり揺らしても、しっかりとテーブルに密着しているように見える。
 
 


テーブルを傾けてみる。


mvi_2548-205
 
すべり止めゴムをおいていない方:かたむいた方に勢いよく滑り落ちる。
 
すべり止めゴムを設置した方:角度を急にしても落ちる兆しがなかった。
 
 

検証その②「飲み物ををこぼしたら隙間から染みていくのでは?」

 
すべり止めゴムを置くことで、飲み物をこぼした時に中に入っていくのか?を検証してみます。
 
mvi_2548-2011-64
 
すべり止めゴムをおいていない方・すべり止めゴムを設置した方ともに、しみ込んでしまうので、ガラスを少しずらして湿気がのこらないようにしっかりと拭いたり乾燥させてください。
 
 
 
詳しくは動画でもご覧いただけます
 

すべり止めゴムの効果について

 


ナレーション:岩本紗依

※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
 
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので
 
是非チャンネル登録もお願いします!!!

 
 
テーブルトップの上に置くガラスをご注文いただいたお客様で、ご希望の方にはこちらのすべり止めゴムを無料で同梱しております。
 
すべりどめゴムは市販されている厚み1mmのゴムでは、テーブルトップの使用に耐え得るものがないため、株式会社コダマガラスではテーブルトップのすべり止め用に3M製に特注でオーダーしております。
 
厚み8mm以上のガラスをご注文のお客様や、部分的に設置する天板ガラスをご注文のお客様へは厚み2mmのゴムを同梱しております。
 
 
詳しくはWEBサイトをご覧いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい
 
 
以上
 
すべり止めゴムの効果についてでした。
 
 
オーダーサイズガラス天板、テーブルトップガラス販売専門店

 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:0120-926-435 / 072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス