2018年4月6日 ガラスコラム

オイルガードの3タイプを徹底比較!~失敗しない選び方~


 
コダマガラスでは、台所での調理中に発生する油はねや水はねなどをガードする『強化ガラス製オイルガード』を販売しています。
 
主に対面式キッチンカウンターやアイランドキッチンのほか飲食店などで使用されており、そのタイプは、ガラスで全面仕切る『ウォールタイプ』のほか、金具でガラスを固定する『固定式ディバイダー』とビス止めが不要な『可動式ディバイダー』の3種類あります。
 
今回は、3タイプあるオイルガードについて、それぞれの特徴(メリット・デメリット)及び選び方のポイントについてご紹介いたします。
 
 
対面カウンターに設置する
『強化ガラス製のオイルガード』をオーダーする方法

↑↑販売サイトはこちら↑↑

 

 
 
 

強化ガラス製オイルガードは3種類『ウォールタイプ』『固定式ディバイダー』『可動式ディバイダー』

コダマガラスで扱っている強化ガラス製オイルガードは『ウォールタイプ』『固定式ディバイダー』『可動式ディバイダー』の3種類です。
用途はどれも同じで、台所での油はねや水はねなどの汚れから、カウンターの天板やお部屋を守ります。
 
 

ウォールタイプ

特徴
カウンターの天板と天井にコの字チャンネルをビス止めして設置するタイプ
・調理中の油はねや水はねをガード
・リビングへの煙侵入を防止する
 
サイズ
・幅サイズは、コンロと同じサイズにするか、50㎜~100㎜程度大きめにした方がよい(ただし最大2000㎜まで可能)
・高さサイズは、カウンターの天板から天井面まで採寸できれば、可能な限りの高さを上げることができる
 
ガラス形状
・施工するキッチンのサイズに合わせた形状になる
 
納期
・注文確定後、カット・加工を行うので、8日~10日が目安
 
取り付け
・取り付けには多少の知識を必要とする(コの字チャンネルを垂直にビス止めや、コーキングで仕上げるなど)
 

コスト
取付難易度
開放感
油・水のガード力

 
 
 

 
 
 

↓↓「ウォールタイプ」の取り付け方を詳しくご紹介しています↓↓

 
 
 

固定式ディバイダー

特徴
ステンレス鋼の金具でビス止めして固定するタイプ
・調理中の油はねや水はねをガード
 
サイズ
・幅サイズは、コンロ、シンクのサイズに合わせてオーダー可能
・高さサイズは、油はね・水はね防止として使用する場合300㎜~350㎜が理想(最低でも150㎜以上必要)
・金具を増やすことで大きくすることができる
・金具と金具の間(ピッチ)は700㎜まで、ガラス両端のはねだしサイズは最大250㎜まで
 
ガラス形状
・安全を考慮して2隅はRをつけた方がよい
・小さいRでR5mm~R10mm
・ぶつかって痛くない程度ならR20㎜~R50㎜がよい
・100R以上や、1/4Rに加工することもできる
 
納期
・注文確定後、カット・加工を行うので、8日~10日が目安
 
取り付け
・作業は簡単で取り付けも難しくはない(カウンターの天板にビス止めする程度)
 

コスト
取付難易度
開放感
油・水のガード力

 
 
 

 
 
 

↓↓「固定式ディバイダー」の取り付け方を詳しくご紹介しています↓↓

 
 
 

可動式ディバイダー

特徴
ステンレス鋼の金具を取り付けて据え置くタイプ
・調理中の油はねや水はねをガード
 
サイズ
・幅サイズは、コンロ、シンクのサイズに合わせて800㎜以内でオーダー可能
・高さサイズは、250㎜~300㎜まで、油はね・水はね防止として使用する場合は最低でも150㎜以上必要
・金具と金具の間(ピッチ)は500㎜まで、ガラス両端のはねだしサイズは最大150㎜まで
 
ガラス形状
・安全を考慮して2隅はRをつけた方がよい
・小さいRでR5mm~R10mm
・ぶつかって痛くない程度ならR20㎜~R50㎜がよい
・100R以上や、1/4Rに加工することもできる
 
納期
・注文確定後、カット・加工を行うので、8日~10日が目安
 
取り付け
・作業は最も簡単(ガラス板を金具で挟み込んでビス止めするだけ)
 

コスト
取付難易度
開放感
油・水のガード力

 
 
 

 
 
 

↓↓「可動式ディバイダー」の取り付け方を詳しくご紹介しています↓↓

 
 
一目でわかるよう、オイルガード3種類のコスト、取付難易度、開放感、油・水のガード力を一覧にしました。
 
ウォールタイプ
全体をカバーするのでガード力は抜群の◎、ただし取り付けがやや困難
固定式ディバイダー
平均的によく開放感も◎、ウォールタイプに比べるガード力は〇
可動式ディバイダー
取り付けが最も簡単で開放感は◎、ガード力がほかの2種類に比べてやや劣る
 
となります。
 

品名
コスト
取付難易度
開放感
油・水のガード力
ウォールタイプ
固定式
可動式

 
 
コストやライフスタイルに合ったオイルガードを選びましょう。
 
 
 
 

オイルガードが選ばれる理由、ニーズはコレ!『オーダーなのに値ごろ感』と『後付けが可能』

ウォールタイプは、日々調理が欠かせない一般のご家庭や飲食店でよく使われています。
特に新築やキッチンリフォームでよく使っていただいております。
既製品ではなくサイズオーダーができるので、新築でもリフォームでも施工後に後付けが可能となっています。
オーダーでありながら既製品と同等の価格で提供できます。
また、ガラスの種類や金具仕様が選べるのも特徴です。
 

ウォールタイプはこんな方におすすめ!
・新築、リフォーム住宅にお住まいで、オーダーメイドでお探しの方
・毎日料理している、料理が趣味という方
・対面式のカウンターで使用される飲食店の方

 

(写真「ウォールタイプ」:参考「お客様からの写真」 掲載日2017年8月8日)

 
 
 
固定式・可動式は、別荘などをお持ちの方、デザイナーズ住宅にお住まいの方から人気です。
固定式の場合、空間を仕切らないため開放的でデザイン性の高い室内環境を演出できます。
可動式に関しても、ビス止めしないので賃貸にお住まいの方でも使用できます。
また、こちらも同様にガラスの種類や金具仕様が選べるのも特徴です。
 

固定式ディバイダーはこんな方におすすめ!
・カウンターの天板にビス止め用の穴をあけても大丈夫な方
・キッチンとリビングの空間を仕切らず、開放的な室内環境を求める方
・デザイナーズ住宅など、内装にこだわりのあるお住まいの方
・ガラスの上でものの受け渡しをしたい方

 

(写真の金具はほんの一部です:参考「特集ページ・固定式」より)

 
 
 

可動式ディバイダーはこんな方におすすめ!
・賃貸住宅にお住まいの方でカウンターの天板にビス止め用の穴をあけることができない方
・キッチンとリビングの空間を仕切らず、開放的な室内環境を求める方
・ガラスの上でものの受け渡しをしたい方

 

鏡面磨きかヘアライン仕上げが選べます(参考「特集ページ・可動式」より)

 
 
 
 

オイルガードのメリットは大きく3つ『耐久性・耐薬品性』『耐熱性』『掃除のしやすさ』

強化ガラス製オイルガード3種類に共通するメリットは

『耐久性・耐薬品性に優れている』
『150~200度程度の耐熱性がある』
『掃除のしやすさ』

です。
 
個々のメリットは…

ウォールタイプは、間仕切りがガラスなのでキッチンとリビングの間に一体感が生まれる
固定式は、固定するため抜群の安定感を誇りつつ、ガラスが取り外し可能なので簡単に洗える
可動式は、据え置きタイプのため移動が簡単、ガラスもそのまま丸洗いできる

です。
 
 
 
では、デメリットについてですが

ウォールタイプは、天井からカウンターの天板までカバーするため、ものの受け渡しができない
固定式は、ビス止めをするのでカウンターの天板に穴があく
可動式は、据え置きのため安定感がない

です。
 

 

種類別
メリット
デメリット
3種類共通
『耐久性・耐薬品性』『耐熱性』『掃除のしやすさ』
ウォールタイプ
間仕切りがガラスなのでキッチンとリビングの間に一体感が生まれる 天井からカウンターの天板までカバーするため、ものの受け渡しができない
固定式
固定するため抜群の安定感を誇りつつ、ガラスが取り外し可能なので簡単に洗える ビス止めをするのでカウンターの天板に穴があく
可動式
据え置きタイプのため移動が簡単、ガラスもそのまま丸洗いできる 据え置きのため、安定感がない

 
 

まとめ
いかがでしたでしょうか?アイランド型のキッチンやカウンター式(対面式)のキッチンなどは、掃除がしやすかったり移動(食事の運びや食器の片づけなど)の際とても便利です。一方で油はねや水はね、煙や水蒸気が部屋へ侵入(充満)などして、壁紙が汚れたり、カーテンや衣服などに臭いや汚れが付いたりする可能性もあります。
様々な、油はねのシートやスチール製のガード、耐熱タイプのアクリル樹脂のガードなどなどありますが、耐薬品性に優れ、一度施工すれば割れたりひびが入ったりしない限り、長年使い続けることができる、ガラス製のオイルガードも検討のひとつに入れていただけると幸いです。
キッチンの油汚れをしっかり掃除したい方や、水はね防止したい方、部屋への煙の充満を防ぎたい方など、お悩みの方はぜひ、当比較記事を参考にご検討ください。

オイルガードのご購入をご検討中の方は、ぜひこの記事と公式youtubeチャンネルをご参考ください。
ご自身のライフスタイルに合ったオイルガードをご購入されることをおすすめします。

 
 
 
対面カウンターに設置する
『強化ガラス製のオイルガード』をオーダーする方法
 
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス