2018年5月17日 DIYシリーズ!

ガラスとガラスの接着シリーズvol.1~コーキング編~

こんにちは。コダマガラス児玉です。

唐突ですがガラスとガラスを接着する方法として、一般的にはコーキング材で接着することが多く、
紫外線をあてて接着するUV接着と、その他両面テープで接着するという方法があります。


今回の動画は「ガラスとガラスの接着シリーズvol.1~コーキング編~」

ショーケースやショーウィンド等でガラスとガラスをコーキングで
接着する方法及び特徴について、ご説明したいと思います。

まずはコーキング接着のメリット・デメリットですが

【メリット】

・耐久性があり水にも強い。
・寸法誤差をコーキングの幅で調整できる
・接着後もカッターで切ることができる。

【デメリット】

・施工が難しい
・乾くまで動かすことができない
・施工者による仕上りの差が大きい
ということが挙げられます。

接着方法についてはショーケースを想定してコチラの台にガラスを90度に立てて突合せ部分をシリコンで接着したいと思います。

ちなみに必要な道具はこちら

カッターナイフ、マスキングテープ、コーキングへら、新聞紙、コーナークランプ、コーキング材、コーキングガン、セッティングブロック、PPバンド、灯油

1.ガラスをセットする

ガラスの位置を決めます。

実はこの部分が一番大事で仕上がりを左右する作業になります。

ポイントは「動かないようにきちんと固定する」です。
コーキングでの接着の場合仕上げてから固まるまで時間がかかります。
その間に動いてしまうと見るに堪えない仕上りとなってしまいますので動かないようにきっちりと固定させて下さい。

① 高さを微調整します。

下のレベルが悪い場合がありますので下台の水平を確認して、高さが段違いにならないように調整します。

② 位置を決めて固定する。

ガラスの隙間は2mm~3mmが良いですが今回は3mmで設定します。
コーナークランプで上部を3mmの位置で固定し、下の溝に入っている部分も3mmになるようにセッティングブロック及びPPバンド使用して調整します。

2. マスキングテープを貼る。

マスキングテープを貼ります。マスキングテープが歪んでしまうと仕上がりも汚くなりますので真っ直ぐ貼るように注意して下さい。

外側のマスキングテープを貼る。

基本的にはガラス面と糸面部分の角にマスキングテープを貼りますが、糸面の内側に入ると汚くなるので0.5mm程度ガラス面が見える位置に貼るようにして下さい。


シリコン重点部分が見えるようにこの部分のマスキングテープは巻き込まないように注意して下さい

内側のマスキングテープを貼る。

ガラスの内側もガラスの糸面から0.5mm以内見える位置に貼り、もう一方はガラスの内側から0.5mm程度見える位置に貼るようにして下さい。


ガラスにコーキングがついてしまうことがあるので内側は2重に貼った方が良いです。

マスキングテープを貼った後もガラスが動いていないか念のため確認して下さい。

3.シリコンを充填する

シリコンを充填しますが90度の突合せの場合は外から充填した方が施工しやすいです。

ポイントですが、充填の前にマスキングとガラスの間にシリコンが入り込まないようにテープの端をしごいて押さえておきます。

これを忘れるとテープとガラスの間にシリコンが入った時に仕上りが汚くなるので注意して下さい。
今回は距離が短いので普通のコーキングガンを使用していますが、ショーウィンド等距離が長い時は強力なコーキングガンを使用した方が良いです。

4.コーキングへらで仕上げる

透明(ハイクリア)のシリコンは酢酸入りと普通のタイプのシリコンがあります。

違いについて、酢酸入りは乾くのが早く、数分で表面が乾き始めるため、施工は難しいですがすぐに次の作業にかかれるためプロ向きと言えます。
一方で普通のタイプは完全に乾くまで2日程度必要となりますが、仕上げに時間をかけても問題ないので施工はし易いです。

私共では普段酢酸入りを使用しています。
なぜなら早いから

① コーキングの外側を仕上げる

コーキングの外側をへらで仕上げる際は下から切っていった方が施工しやすいです。

余分にはみ出てるコーキングが多い場合は一度軽く切るか押さえてから切った方が綺麗になります。
ヘラは先が丸いものが適しています

② コーキングの内側を仕上げる

コーキングのへらで仕上げる際は上から切っていった方が施工しやすいです。

コーキングを抑えるように馴らすのでなく切るようにした方が仕上がりは綺麗です。
ヘラは先が角なものが適しています

内外共にポイントは、『途中で止まらない事』と『押さえるように馴らすのではなく切るようにして仕上げる』ということです。

コーキングの中にエアーが入ってしまった場合は上から充填してエアーを出し切って再度仕上げて下さい。

酢酸入りを使用する場合、充填し始めてから3分~長くても5分以内には仕上げを完了させて下さい。

5.養生の撤去と清掃

仕上げが完了したらすぐにマスキングテープをめくります。

そのまま放っておくとマスキングテープとガラスの境目のコーキングが乾いて汚くなってしまうのですぐにめくるようにして下さい。
ガラスに付着したコーキング等を清掃したら作業完了です。

この時点で仕上りがちょっと気になる所があったとしても、今はもうあきらめて下さい。
ここで触ると表面が乾いているのでさわればさわるほどボロボロと汚くなりますのでご注意ください。
以上、「ガラスとガラスの接着シリーズvol.1~コーキング編~」でした。

次回はUV接着について接着方法とその特徴についてご説明していきたいと思います。

ではまた次の動画で!

コダマガラスでは店舗内装のガラス工事でショーケースやショーウィンド等の工事も承っております。
詳しくは各WEBサイトをご覧いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。
毎週木曜日 週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので
是非チャンネル登録もお願いします!!!

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス