2018年6月28日 ガラスDIY

【おすすめ】ガラスでできる地震対策【飛散防止フィルム】

株式会社コダマガラスの児玉です。
 
2018年(平成30年)6月18日に大阪府北部を震源とする最大震度6弱(M6.1)の地震が発生しました。
被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 
近い将来『南海トラフ巨大地震』が発生すると予測されています。
発生した場合、被害は静岡県~宮城県にかけて一部では震度7、周辺地域では震度6強~6弱になる可能性があると公表されています(気象庁より)。
 
地震は何の前触れもなく突然起こります。
そこで今回は、大地震に備えておくことに越したことはないということで
『ガラスでできる地震対策』についてご説明します。
 
 

↓↓↓まずは動画をご覧ください↓↓↓


 
 
いかの目次に沿ってご説明します

 
 
 

豊富なガラスを取り揃えています。地震対策関係もご相談ください

 
オーダーガラス板専門店
 
チェッカーガラス・デザインパターンガラス専門店
 

 
 

ガラスが割れたときの危険性を把握する

 
大地震が起きた際、ガラスには想像以上に強い力が加わります。
強化ガラスが強度的には最も強いガラスとなりますが、それでもかなりの衝撃が加わると粉々(あられ状の粒)に割れてしまいます。

現状では割れないガラスというものはないため、地震対策という観点から考えると割れたときにどのような危険性があるのか?

という点がポイントとなります。
 
 
一般的な住宅で最もよく使われるガラスは普通透明ガラス。
普通透明ガラス及び型板ガラスなどのこれら一般的なガラスは、割れたときに大きな破片が落下する可能性があります。
 
上記を踏まえたうえで、実際にガラスを割って検証してみたいと思います。
 
 

普通透明ガラスの割れ方などを実験

 
普通透明ガラスをそのまま割るとどんな飛散をするのか?
飛散防止フィルムを貼ったうえで割るとどんな効果があるのか?
実際に2つのガラスを割って検証してみたいと思います。
 
 

普通透明ガラスをそのまま割ってみる

 
普通透明ガラスを通常のハンマーで叩き、破損度合いを見てみます。

 
 
予想以上にガラスは爆発するように破片が飛び散ります。
飛散した普通透明ガラスを素手で触れるのは危険です。
もちろん素足で歩くことも危険です。

 
 
破片を処理する場合、綿の軍手では軍手ごと切れてしまう可能性があるので、
厚めの耐切創手袋を使用してください。

 

ガラス屋さんの豆知識『耐切創(たいせっそう)手袋』とは?


手のひらの部分に厚めのゴムがコーティングされている軍手のこと。
ガラスや金属加工のほか、土木・建設関係など、鋭利なものを扱う場所でも使用される。

とはいえ、思いっきり擦れたり、握ったりするとゴムの部分が裂ける恐れもあるので、慎重に取り扱ってください。
 
 

普通透明ガラスに飛散防止フィルムを貼って割ってみる

 
つづいて、普通透明ガラスに飛散防止フィルムを貼った場合の破損度合いを見てみましょう。

 
 
フィルム無しに比べて飛散は軽減されています。
このように飛散防止フィルムを貼ることで、割れたとしても落下したりする危険性は回避することができます。

 
 
 

強化ガラスの割れ方などを実験

 
強化ガラスは強度的に強く割れにくいガラスです。
万が一割れた際は破片が粉々(あられ状の粒)になるので安全ですが、破片は飛散します。
 
 
ちなみに強化ガラスにハンマーをフルスイングしてもこのとおり、びくともしません。
強化ガラスの強度の比較としては十分ご理解いただけると思います。
(※あくまで実験ですので真似しないでください)

 
 

強化ガラスをそのまま割ってみる

 
では、実際に割ってみます。
割るための道具は緊急脱出用具・トヨタ レスキューマン3 ハンマー&カッター。

※あくまで実験ですので真似はしないように!
 
 
ご覧の通り、粉々に砕けます。

 
 
強化ガラスの破片は粉々になりますが、素手で触れると切れてしまう可能性はあります。
強化ガラスの場合でも、普通の軍手だと切れてしまうこともありますので、この場合も耐切創手袋を使用してください。
また、強化ガラスは粉々になるものの、ある程度固まった状態で落下してくることがあります。
かたまりが落下してぶつかると大ケガをする可能性はあるので注意してください。

 
 
 

強化ガラスに飛散防止フィルムを貼って割ってみる

 
次は強化ガラスに飛散防止フィルムを貼って割るとどうなるかを見てみましょう。

 
 
飛散防止フィルムを貼ることで、割れたとしても落下したりする危険性を回避することができます。
もしものときには安全です!

 
 
 

網入りガラスの割れ方を実験

 
次に網入りガラスを割ってみて、どのように飛散するかを見てみましょう。

 
 
網入りガラスの場合、強度的にはフロートガラスと比べて割れやすいものの、網があることで破片が落下する可能性は少なく、飛散防止効果があります。

 
 
とはいえ、網入りガラスもわずかですが飛散はします。
でも、網入りガラスはほぼほぼ原形を保っている状態であることはご理解いただけたかと思います。

 
 
 

合わせガラスの割れ方を実験

 
合わせガラスは万が一割れても破片が落下する可能性はほぼありません。
現時点では最も安全性が高く、地震対策としては有効なガラスといえます。
 
 
ガラス自体は3㎜×3㎜の合わせガラスです。

 
 
では、実際に割ってみます。

 
 
ご覧の通り、安全性は高いのがわかるかと思います。

 
 
網入りガラスや合わせガラスの場合、万が一割れてもすぐに落下してくる可能性は低いです。
粉々に割れた際にガラス表面の細かい破片や角の部分にできる小さな破片などは落下してくる可能性はあります。
また、かなり老朽化したトップライトなど粉々に割れた際には、ガラスが崩れ落ちてくる可能性もありますのでご注意ください。
 
 
 

動画でも詳しく説明しています

 
動画でも飛散の度合いなどを詳しくご説明しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


 
 
 

まとめ


地震対策で考えた場合、最も有効なガラスは合わせガラスとなり、続いて網入りガラスとなります。
強化ガラスも破片が粉々になるので、破片で大ケガをする危険性がなく安全です。
しかし、割れたときに飛び散るため、飛散防止フィルムなどを貼ったほうがより有効です。
 
一般のガラスは安価ですが、やはり割れたときのことを考えると危険。
割れて危ないような場所に設置するガラスは飛散防止フィルムを貼ったほうが、より安全にご使用いただけます。
 
コダマガラスでは普通透明ガラスをはじめ、輸入デザインガラスに飛散防止フィルムを貼ってお届けしています。
詳しくはWEBサイトをご覧いただくか、株式会社コダマガラスまでご連絡ください。
 
以上『ガラスでできる地震対策』でした。
 
 
オーダーガラス板専門店
チェッカーガラス・デザインパターンガラス専門店
株式会社コダマガラスでは、
日本板硝子株式会社、セントラル硝子株式会社、旭硝子株式会社
及び国内強化加工メーカーによるJIS R3206強化ガラス規格適合品を取り扱っております。

詳しくは強化ガラス専門店をご参照ください。
強化ガラス専門店

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス