【耐熱ガラスの強度比較】~耐熱・衝撃強度を調べてみた~

こんにちは。コダマガラス児玉です。
今回は耐熱ガラスの強度比較と題して、耐熱強度を調べてみました。
まずは動画をご覧ください。
 

↓↓詳しい解説は動画をチェック↓↓


 
 

豊富なガラスを取り揃えています。ご相談ください

 
オーダーガラス板専門店
 

 
 
今回は以下の内容に沿って…

ご説明します。
 
 

【耐熱ガラスの強度比較】~耐熱強度を調べてみた~


ということで、フロートガラス、強化フロートガラスと、耐熱ガラスのテンパックスフロート、ファイアライトについて、耐熱強度がどの程度あるのかを実験しながら比較検証していきたいと思います。
 
実験方法は耐熱についてはガラス表面をガスバーナーで炙ることでどの程度持ち堪えるのかを見てみます。
 
 

まずはフロートガラスから


フロートガラスの熱衝撃強度は約60度となります。

ガスバーナーの温度は1400度位なので一瞬で割れるかと思いきや以外に持ち堪えました。

 

続いて耐熱ガラスのテンパックスフロート

テンパックスフロートの耐熱特性は最高温度500度、常温使用450度となり、耐熱衝撃温度は150~160度となります。
耐熱には耐熱温度と耐熱衝撃温度というものがあります
耐熱温度とは何度まで耐えれるかという意味で耐熱衝撃温度とは難度の温度変化に耐えれるかとい意味です

ガスバーナーでは51秒持ち堪えました
フロートガラスと比べると熱衝撃に対する強度は強いですが、思っていた以上に早く割れました。
 

次は耐熱ガラスのファイアライト

ファイアライトの耐熱特性は最高温度800度、常温使用750度となり、耐熱衝撃温度は800度となります。
ガスバーナーで熱しても割れず、水をかけても割れませんでした。

ファイアライトはデータ通り他と比べても熱衝撃に対する強度はかなりあります。
 

耐熱ガラスではない、耐熱性ある強化ガラスどうか?

強化ガラスの耐熱温度は150度~200度となり、耐熱衝撃温度は180度となります。
ガスバーナーで熱しても割れず、水をかけることで割れが発生しました。

少し意外なのですが、強化ガラスは耐熱ガラスと比べて耐熱温度は低いものの、耐熱衝撃温度はテンパックスフロートよりも若干強くなります。
 

ちなみにこの不思議な現象について、


強化ガラスは300度以上の高温に曝されると、強化処理によりガラスに加えた強化応力が徐々に低下するという特徴によるものと考えられます。
それでも時間差で突然爆発する可能性がありますので、強化ガラスの場合は注意が必要です。
 
 

特性まとめ!耐熱性の結果はこちら!

 

フロートガラス33秒

 

テンパックスフロート51秒

 

ファイアライト割れない

 

強化ガラス1:48秒でも割れない

熱衝撃強度ではファイアライトが圧倒的に強く、意外でしたがテンパックスフロートよりも強化フロートガラスの方が熱衝撃強度は強いという結果になりました。

これらにより、焼き場とカウンターの間仕切りに使用するガラス等について、ある程度の耐熱性と強度が求められるような場所で使用する場合は、用途的に強化ガラスの方が適しています。

また、高温な場所で使用する場合や直接火が当たるような場合はテンパックスフロート及びファイアライトをお勧めしていますが、尚且つ熱衝撃による急激な温度変化があるような場合はファイアライトにした方がより安全にご使用いただけるかと思います。
 
 

詳しくは動画をご覧ください!


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


以上【耐熱ガラスの強度比較】~耐熱強度を調べてみた~でした。
 
 
 
その他ご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。
オーダーガラス板専門店
株式会社コダマガラスでは、
日本板硝子株式会社、セントラル硝子株式会社、旭硝子株式会社
及び国内強化加工メーカーによるJIS R3206強化ガラス規格適合品を取り扱っております。

詳しくは強化ガラス専門店をご参照ください。
強化ガラス専門店

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス