2018年11月15日 公式youtubeチャンネル

「ディープダークミラー」と「ニューブラックミラー」の2つの黒い鏡について

今回はコダマガラスで取り扱っております2種類の黒色の鏡、「ディープダークミラー」と「ニューブラックミラー」について、その違い等を簡単に説明したいと思います。

「ディープダークミラー」について


こちらはガラス屋さんであればご存知だと思いますが、NSGインテリア製のミラーで、以前から国内に流通しているグレーミラー、ダークミラー等の黒色のミラーの中でも最も黒に近い鏡として人気があります。

「ニューブラックミラー」について


こちらは台湾から新しく入荷したブラックミラーで、色は少し青みが入っており、ディープダークミラーがグレーをより黒に近くした色に対し、ニューブラックミラーは紺色を黒に近くした色のブラックミラーです。

スペック比較

ディープダークミラー ニューブラックミラー
厚み 5mm(6mm※別注) 5mm
最大寸法 1829*2438 1829*2438(在庫)
飛散防止
フィルム 可能 可能
マグネット 可能 可能
防湿加工 不可 不可
部分透明 可能 不可
フロスト 可能 可能
名入れ 可能 不可

「ディープダークミラー」と「ブラックミラー」の違いについて

厚みはどちらも5mmです。ディープダークミラーは別注で厚み6mmでの製作も可能です。(納期別途要相談)

最大の元板寸法はどちらも1829*2438mmです。
ニューブラックミラーは2100*3300mmの板もあります。

製造方法は小口から見ても分かるように、どちらもフロートガラスをスパッタ製法でミラーに加工されています。

洗面所等湿気の多い場所でも使用はできますが、銀引き加工ではないため防湿加工は不可です。
フィルム貼りやフロスト加工はどちらも可能ですが、大きな違いとして部分透明加工(及び名入れ加工)について、ディープダークミラーは可能ですが、ニューブラックミラーは不可となります。
ちなみにディープダークミラーを部分透明加工すると完全に透明にはならずに反射膜は残った状態となります。

裏面からフロスト加工すれば、蒸着された反射膜もなくなり、普通透明ガラスをフロスト加工した状態になります。


詳しくは別の動画、グレーミラーとディープダークミラーの違いを参考にして下さい。

特徴の大きな違いは以上です。

見た目について


どちらが黒いか?と言われればニューブラックミラーの方がより黒に近いです。
ただ、青みが若干入りますので青みが気になる場合でればディープダークミラーの方が良いです。

気になる価格ですが、ミラー代としてニューブラックミラーの方が1割程安いです。
ただ、加工代は同じですが若干だけ安くなると考えて下さい。

以上「ディープダークミラー」と「ニューブラックミラー」の2つの黒い鏡についてでした。

コダマガラスではこれら黒い鏡の他にクリアミラーやブルー、ゴールド、ピンク等のブリリアントミラーやアンティークミラー等様々な鏡をオーダーでカット・加工し全国へお届けいたします。


関西圏であれば施工もさせていただきますので詳しくはWEBサイトをご覧いただくかコダマガラスまでご連絡下さい。

ではまた。

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス