2019年2月28日 ガラスDIY

プロ直伝シリーズ!【失敗しないためのガラスカットのコツ】~前編~

こんにちは。株式会社コダマガラス 児玉です。
 
今回はDIYで古いガラスを使って再利用したい方やガラスを切ったことのない方必見!
「失敗しないガラスカットのコツ」についてご説明します!
 
まずは動画をご覧ください。

↓↓動画をチェック↓↓


 
今回は以下の内容に沿って

 
ご説明いたします。
 
 

ガラスの切断とは…

 
紙を切る場合であれば、紙の繊維をハサミで断ち切り、木を切る場合は、木を少しずつのこぎりで削って切り離します。


ガラスは切すじを入れて折ることで切断できます。
ガラスは断ち切ったり、削ったりして切断するのではなく正確には「割る」というのが正しいです。
 

切断の原理

 
①ガラスカッターで「にゅう」と呼ばれる割れ目を入れる

「にゅう」とは?
赤く丸をしているVの字の切れ目のこと

 
 
②その「にゅう」をともなった切りすじに力を加える

折る力
やじるしの方向に均等に力を加える

 
 
「にゅう」の先端部に大きな引っ張り力が生じて「にゅう」が成長してガラスが切断されます。

「にゅう」が成長する
「にゅう」から外側に引っ張られ、次にまっすぐ下に力が加わること

 

「にゅう」が重要!!

 
この「にゅう」の形状をいかに理想的に作るかがガラスを切断する重要ポイント!

もし釘などで傷を入れた場合・・・にゅうガラス

 

切断するにあたって…

 
ガラスを切断するにあたって、必要な道具やガラスカッターの使い方など説明させていただきます。
 

必要な道具

 
①ガラスカッター
②定規 厚み1cm程(ゴム付き)
③定規ハサミ
④油性マジック マッキー(極細)
⑤灯油
⑥ゴム手袋
 

ガラスカッターの使い方

①上の部分から灯油を入れる

[ポイント]フタをきっちり閉めると灯油が出ないので少し開ける。

②ガラスカッターの持ち方

[ポイント]ペンを持つ形に似ています。
 

③ガラスの当て方

 
  前からみた場合・・・

   
 横からみた場合・・・

④ガラスへの力加減

力加減についてホイールカッターの力加減は通常2㎏~5kgとされています。

力が弱すぎてもダメです し、フルパワーで押してももちろんだめです。
また、角度によっても適当な力の範囲があるのですが、どちらかというと寝ている方が力は不要とされています

にゅうを入れる前に注意点
 
◆同じところを2回以上切らない
 間違えたときに同じところをもう一度切ってはいけません。
 木を切るように何度も切ればキレイにカットできるわけでありません。
 逆に2回以上切ると「にゅう」がボロボロになるので真っすぐ切断できません。
 ↓↓失敗したらどうする?↓↓
 ゆっくり割れないようにひっくり返して反対からもう一度チャレンジ!
 
◆水に濡れていると綺麗に切断できない
 ガラスは親水性なので表面に水分がつきやすく、
 水分があると「にゅう」が正しく入らず切りすじが割れてしまう。
 そのため灯油を塗ってから切断することで、水分をはじきます。

 
 

「にゅう」の入れ方

①カットする場所に定規を合わせる

②カットする場所に油を塗る

③カットする場所にカッターを合わせる

④上から下に線を引くように切る

【ポイント】真っ直ぐ同じ角度で、均等な力加減で、同じ速度で切りすじを入れるのを意識する!
 
 

まとめ

 
プロ直伝シリーズ!【失敗しないためのガラスカットのコツ】~前編~いかがだったでしょうか?
今回は前編ということで「にゅう」という割れ目の入れ方や注意点についてご説明いたしました。
 
「綺麗なにゅうの切りすじを入れる」ということを頭に入れて、真っ直ぐ同じ角度で、均等な力加減で、同じ速度で切りすじを入れるというのポイントです。
ガラスを切るという作業も簡単そうでなかなか奥が深いということはなんとなく分かっていただけたかと思います。
 
次回はにゅうを入れた後の折り方についてご説明したいと思います。
 

最後にもう一度詳しく動画をご覧ください!


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


 
 
以上、プロ直伝シリーズ!【失敗しないためのガラスカットのコツ】~前編~でした。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス