2020年1月9日 DIYシリーズ!

上下左右コの字チャンネルを使って『強化ガラス製オイルガード』を取り付けする方法

今回は『強化ガラス製オイルガード』上下左右をコの字チャンネルで取り付けする方法を動画でご紹介いたします。
こちらの方法で設置すれば、動画のようにオイルガードを揺さぶっても取れません!

動画撮影前には「取れたらどうしよう」と心配もしていましたが女性スタッフが思いっ切りやっても取れませんでしたのでちょっとやそっとでは取れないほど強度があります。

※ここだけの話「取れたら取れたで面白いよね」と撮影スタッフは思っていたようです

少し前には
「対面カウンターに設置する『強化ガラス製オイルガード』で
金具のビス止めが出来ない場合についてどうすれば良いか」

という動画を投稿しました。
この動画では上下の2か所または上下+壁側の3か所にコの字チャンネルを使用して『強化ガラス製オイルガード』を固定していました。

今回の動画でご紹介した「上下左右にコの字チャンネルを使った場合」は以前にご紹介した「上下の2か所にコの字チャンネルを使った場合」と何が違うのでしょうか。
大きくは『見た目』、『強度=保護力』に違いがあります。
違いを掘り下げながら『強化ガラス製オイルガード』上下左右をコの字チャンネルで取り付けする方法をブログでも紹介いたします。

1.固定するコの字チャンネルを「上下だけ」と「上下左右」で設置したときの違い

見た目の違い

上下左右にコの字チャンネルを使った場合は上下左右ガラスの端部(小口)に枠が付きますので、『強化ガラス製オイルガード』の存在感が出ます。

ですので、正面から見たときすっきりした印象になるのは上下にコの字チャンネルを使用した場合ですが覆い隠すものがないので、横から見たときに上下のコの字チャンネル接着部分がそのまま見えてしまいます。

上下左右にコの字チャンネルを使った場合は左右のコの字チャンネルが上下コの字チャンネルの接着部分を覆い隠し横から見ても接着部分は見えません。

正面から見た場合と横から見た場合、どちらの見た目を重視するかが取り付け方のポイントになりそうです。

ガラスの強度=保護力の違い

ガラスは小口(端)に硬いものがぶつかると割れる可能性があります。

オイルガードに使用している強化ガラスは面的な強度は高いのですが、小口に強い衝撃が加わると破損する弱点があります。

ガラスの小口が保護されるため上下左右にコの字チャンネルを使った場合の方が耐久性があります。

見た目よりも耐久性、安全性を選びたい場合は上下左右にコの字チャンネルを使った方が良いです。

2.上下のコの字チャンネルをビス止め

上下の位置を確認して金具をビス止めします。

コの字チャンネルには皿穴が開いています。

木ビスを同梱していますので下地が木の場合はご使用ください。

ビス止めが不可の場合は接着でも問題はありません。

今回は両面テープで接着します。

3.オイルガードとなる強化ガラスをはめ込む

上下コの字チャンネルを取り付けた後にガラスをはめこみます。

緩衝材となるセッティングブロックを下側のコの字チャンネルに敷いてからガラスをセットします。

壁付けの場合

壁とは反対側のガラスを8mm~10mm出る位置で調整します。
金具から出る幅を上下合うようにPPバンド等を使って建付けを調整して下さい。
少し出させた部分にコの字チャンネルを取り付けますので忘れないよう注意しましょう。

壁付けではない場合

両サイド開いている場合は、両サイドガラスが8mm~10mm出る状態にします。
後に左右にコの字チャンネルを取り付けるため、両側にガラスを出します。
左右の出幅を割り振って上下の出幅もあうようにPPバンド等を使って建付けを調整して下さい。

4.バックアップ材でガタ付きを固定する

コの字チャンネルの中でガラスがガタガタとするので

バックアップ材を使ってガラスをコの字チャンネルの中心に仮固定します。

バックアップ材もガラスのおおよそ幅寸法の1/6程度の下側の位置に両面両サイドに差し込んでください。
バックアップ材がコの字チャンネルよりはみ出てしまうと、後のコーキングがきたなくなるので注意して下さい。

また中に押し込みすぎると、ガラスの上下に廻りこんでしまうので真っ直ぐ平行に少しずつ差し込んでください。

5.縦のコの字チャンネルを仮固定する

ガラスの両サイドへ縦向きのコの字チャンネルを被せてバックアップ材で仮固定させます。

あまり強く押しすぎるとガラスが動いてしまいますので、注意して下さい。

6.コーキングをする前にマスキングテープで養生する

コーキング後の汚れを防ぐため、マスキングテープで養生します。

コの字チャンネル側はコの字チャンネルの角に合わせて貼って下さい。
テープが中に入るとめくる時に汚くなるので、どちらかと言えば外側にある方がまだ失敗が少ないです。

ガラス側はコの字チャンネルより2mm~3mmガラスが見えるラインで貼って下さい。
コーキング用ヘラによって具合が違いますので一度合わせて下さい。

7.コーキングで仕上げます

シリコンを充填しコーキング用ヘラで仕上げていきます。

あまり時間をかけすぎると表面が乾き始めて仕上がりが汚くなりますので
目安としてコーキングを充填してから10分以内には仕上げ作業を終わらせるようにして下さい。

8.清掃します

最後にマスキングテープをめくって掃除すれば完了です。

シリコンがガラスや金物に付着した場合は、灯油かアルコール、もしくはシンナー等で拭き取って下さい。
ガラスであれはアルコールで拭けば綺麗になります。

以上、上下左右コの字チャンネルを使って『強化ガラス製オイルガード』を取り付けする方法でした。

その他ご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか
株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。

対面カウンターに設置する
『強化ガラス製のオイルガード』をオーダーする方法隔週木曜日 2週間に1本ペースでガラスやミラーに関する様々な動画をアップしていきます!
是非チャンネル登録もお願いします!!!

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:0120-926-435 / 072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス