浴室鏡の防曇フィルム TN-200について2年経過後効果がなくなったので剥がしてみた

1.浴室鏡の防曇フィルム TN-200 貼ってから2年後の状態は?

浴室鏡の防曇フィルム TN-200 を使用開始してから2年が経過しました。
フィルムの効果はいかほどなのか!?
時期を追って紹介していきたいと思います。

フィルムを貼って半年経過した鏡の状態はこちら。

親水性がなくなっている部分が端の方にはあったものの、このままほぼほぼノーメンテで2年間は使用することはできました。
メンテナンスといっても最後にシャワーをかける程度でよいのですが
きちんと毎回泡や水滴を拭いたりしておけばもう少し長持ちするかもしれません。
そして2年経過した鏡の状態がこちら。

2年間ノーメンテとは思えない状態!
フィルムを貼っていない箇所は水垢などの汚れでかなり見えにくい状態です。
とは言ってもフィルムを貼った箇所も水垢が目立ち、端の方の親水性がなくなってシャワーをかけても見えにくい状態になってきているようです。
ちなみに下のミラーは別メーカーのフィルムを貼っていますが、ご覧のように効果はTN-200の方が断然良かったです。

この状態でも中性洗剤やボディーソープで少し洗えば、親水性は少し復活しますが、
これはフィルムというよりかは洗剤による効果だと思います。

そこで、使用し続けたこのフィルムを剥がしてみました。

2.ミラーに貼った防曇フィルムの剥がす方法

剥がし方は特に決まりはありませんが、カッター等を使って角をつまめる程度までめくります。

あとは引っ張ってめくります。
これが結構、力仕事。

しっかり貼りついているので、フィルムは簡単には剥がれません。
お風呂場で滑って転ばないように気を付けながらフィルムを引っ張りましょう。
フィルムに手を添えるように、できるだけ鋭角に引っ張った方が良いです。
めくりにくい場合は薄めた中性洗剤をかけながらスクレーパーを使ってめくります。
剥がしたあとは糊残りがなくなるまで綺麗に清掃します

フィルムと糊を剥がすとこのように綺麗なガラス鏡表面の状態になります。

3.フィルムを剥がした後の使用例

フィルム剥がし後の使用例1.このままの状態で使用する

購入と同時にフィルムを貼っていた場合、フィルムを剥がした後の鏡は購入時点の状態になりますので、このまま使用しても問題はありません。
ただ、フィルムのような防曇効果はなくなります。

フィルム剥がし後の使用例2.コーティング剤を塗って使用する

フィルムを剥がした後、鏡のくもり止めを使って曇り止め効果を維持しながら使っていく方法があります。
動画では「鏡ハッキリくもり止め」を使用しています。

一度塗ることで1週間程度効果が維持するので、定期的にメンテナンスしながら使用していく必要がありますが、誰でも簡単に塗ることができるのでおススメです。
定期メンテナンスをする意識を持つことで、お風呂場全体をきれいに掃除しようというきっかけにもなりますね。
「鏡ハッキリくもり止め」については、こちらの動画で使い方も紹介していますので、よろしければご覧ください。

フィルム剥がし後の使用例3.防曇フィルムTN-200をもう一度貼る

少しハードルが高いですがもう一度フィルムを貼るという方法もあります。
フィルムを貼ることで、効果がなくなるまでほぼノーメンテで使用していくことができるので、定期的に塗り替えるのが面倒な方にはフィルムの貼り換えがおススメです。

4.フィルムのみの販売もいたします

コダマガラスでは浴室鏡で防曇フィルム「TN-200」のご注文をいただいたお客様に限り、フィルムのみの販売をいたします。
ご希望の方はコダマガラス運営のWEBサイトからご連絡頂くか、電話やメールなどで直接ご連絡ください。
次回は防曇フィルムTN-200の貼り方について簡単に説明できればと思います。

オーダーミラー(ガラス鏡)専門店|各種ミラー全国へお届け
浴室の鏡をDIYで交換しませんか?新しい鏡を全国へお届けします。
隔週木曜日 2週間に1本ペースでガラスやミラーに関する様々な動画をアップしていきます!
是非チャンネル登録もお願いします!!!

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:0120-926-435 / 072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス