2020年5月21日 DIYシリーズ!

【プロ直伝】コンビネーションミラーのサイズの決め方【DIY】

1.コンビネーションミラーとは

コダマガラスでは、デザイン的に複数枚の鏡を貼り合わせたものを「コンビネーションミラー」としています。

お店の内装に採用いただくと鏡で店内が広く見えるだけでなく、きらきらと光を反射して店内の雰囲気が華やかになります。

ご自宅玄関で施工いただいた事例もあり、玄関が広く明るく見えほど良いアクセントにもなっていました。

コンビネーションミラーは壁面の装飾として一役買ってくれます。

少しハードルが高いかもしれませんが、DYIしたい!という方向けに

今回の動画はコンビネーションミラーのサイズの決め方について詳しく解説したものになります!

施工をライブ配信!

施工ライブ配信ダイジェスト動画

2.ミラーのサイズってどうやって決める?

例として、このような横長のニッチに20枚のコンビネーションミラーを貼るとします。

寸法は1000㎜×300㎜となっており、100㎜×150㎜のサイズのミラーを貼ればぴったり!と考える方は多いはず。

動画担当は最初そのように考えていました!

しかしミラーサイズを100㎜×150㎜としてしまうと、とある理由により収まらなくなってしまいます。

3.サイズは小さめが◎

コンビネーションミラーを設置予定場所にうまく収めるために、ミラーサイズは設置場所の寸法より小さめにする方が良いです。

小さめが良い理由は2つあります。

理由①鏡と鏡の間には隙間が必要

鏡と鏡が直接当たる状態で貼り合わせようとすると、角が当たって割れや欠けの原因となります。

そういった割れや欠けを防ぐため、通常0.5~1.0㎜程度のスキマを設けて貼り合わせます

鏡と鏡の間だけでなく、壁とのスキマも設けるため例のように鏡を設置するときは合計で8.5㎜のスキマ(クリアランス)が必要となります。

理由②鏡のサイズ誤差

鏡のサイズはおよそ±0.5㎜程度、最大で±1.0㎜のサイズ誤差が発生します。

寸法の誤差を考慮して鏡のサイズを考えることも大切です。

寸法誤差でサイズが小さいもの、大きいものを貼り合わせるとします。

いずれも誤差の範囲内ですが、極端な例ではこのように段違いが出てしまい不格好になってしまいます。

そのため、サイズ違いがある場合は大きい方のサイズに合わせてバランスをとるため、鏡の大きさは大きくなっていきます。

4.まとめ

以上の2つの理由から、複数のミラーを貼り合わせるとサイズが大きくなってしまうので、あらかじめ小さめのミラーを用意しておく必要があります。

そのためこちらのニッチに貼り合わせるミラーのサイズはというと…

幅寸法は99㎜、高さ寸法は148㎜がおすすめとなります!

うーん、段数によってもおすすめサイズが変わるとは…奥が深いです。

5.ミラーに関するご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!

コダマガラスでは、ガラスに関してはもちろん鏡についてのご質問・ご相談も承っております。

「コンビネーションミラーは素敵だけど、ちょっと難しそう」という方も、どうぞお気軽にお問合せください。

オーダーミラー(ガラス鏡)専門店|各種ミラー全国へお届け
毎週木曜日 週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので
是非チャンネル登録もお願いします!!!

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス