2010年11月24日 お知らせ

正楕円形の確認方法

コダマガラス 児玉です


ここ数日更新が少なくて申し訳ございません(昼夜現場工事が続いておりまして…)


今日は「楕円形のテーブルの上に同じ形のガラス板を置きたい」

という方のために


テーブルが正楕円かどうかを確認する方法をご説明させていただきます。


<図1>を参照ください八尾のガラス屋のブログ-2010111911


1.楕円形の焦点(F及びF’)の位置を求めます。


イ)長辺及び短辺の中心線を引きます


◆ 紙に型をとって半分に折り曲げる

◆ 最大寸法と同じサイズの長方形の型を作って半分に折り曲げる 等々の方法で良いかと思います


ロ)長軸の半分の長さをa(㎜)とします


ハ)短軸と楕円の交点から長軸へa(㎜)の長さすすめた交点が焦点(F及びF’)となります。



八尾のガラス屋のブログ-201011211

<図2>、<図3>を参照ください

2.正楕円形の場合ある点から2つの焦点(F及びF’)の和がすべて同じとなります


イ)ある点から焦点までの距離を足します


ロ)上記で計算したものが2a(長辺の長さ)になれば正楕円形です


ハ)試しに数点から計測してみてください八尾のガラス屋のブログ-201011212






ニ)誤差は結構でるかと思いますが±5mm程度であればほぼ間違いなく正楕円形です。
型を送っていただければ当方でも確認はさせていただきます。

ガラスを製作するにあたって、

型をもとに製作する場合はベニヤ型製作費やガラス代も少し割高となります。

楕円形の場合正楕円形だという事がわかれば金額的に少しはおさえることができます!

少し長くなりましたが以上です。




コダマガラスでは

安心してガラス板を購入していただくために

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス