【知られざる真実】フロートガラスの「裏」と「表」とは?

こんにちは!株式会社コダマガラス 児玉です。
 
今回のテーマはこちら

【フロートガラスの「裏」と「表」とは?】です。
【フロートガラスの「裏」と「表」とは?】です。

 
 
一般的な普通透明ガラスであるフロートガラスは
どちらの面から見ても
 
 
ではフロートガラスに裏表がないのか?と言われれば答えは=NOです。
厳密には裏表があります。
厳密には裏表があります。
 
 
 
フロートガラスはフロート法という方法で製造されており、簡単にいうと下の図のように溶けたスズの上に溶けたガラスを浮かべて板状に成型されてできています。
フロート法
 
 
この時にスズに密着された面のことをスズ面(またはボトム面)、反対面を非スズ面(またはトップ面)と呼びます。
この時にスズに密着された面のことをスズ面(またはボトム面)、反対面を非スズ面(またはトップ面)と呼びます。
 
 
 
ではガラスの裏表について、見た目で分からないものをどのようにすれば判別できるのか????
方法の一つとして蛍光検査灯などで紫外線を照射する方法もあるのですが、検査機器等は簡単に手に入るものでもないので現実には難しいです…
 
だったらどうすれば…….でも、
アキラメナイデ
 
 
 
実は、検査機器を使用しなくても簡単に見分けれる方法が一つだけあります。
検査機器を使用しなくても見分けれる方法が一つだけあります。
 
 
先程の製造ラインには続きがあり、
製造ライン
 
 
ガラスの元板を良く見てみると、ガラスの切り口の片面が少しザラザラとなっていて
ザラザラ
 
 
反対面は鋭利にエッジが効いた状態になっているのが分かります
鋭利にエッジが効いた状態
 
 
ガラスは切る時にガラスカッターを当てた後に折って切断します。
左手は添えるだけ
!
 
 
 
もうお分かりだと思いますが、このカッターを当てた面の切り口がザラザラとなり非スズ面(トップ面)、エッジの利いた方がスズ面(ボトム面)となります。
どうよ
 
株式会社コダマガラスでは普段は裏表関係なくカット・加工しておりますが、事前にご相談いただければ、スズ面・非スズ面を分かるようにした状態でガラスをお届けすることも可能です。
 
 
詳しくは動画でもご説明していますので、是非こちらもご覧ください。

※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
 
これらの動画はyoutubeで公開しています。
 
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!

 
 
追伸:この方法の場合ガラスを元板の状態から裏表を確認しておく必要があります。
カットや切断面処理加工した後では判別ができないので裏表の確認が必要な場合は事前にご連絡頂きますようお願い致します

 
以上「フロートガラスの裏と表について」でした。
 
オーダーガラス板専門店
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス