2019年4月4日 DIYシリーズ!

【プロ直伝シリーズ!】切断面の仕上げ ~ディスクグラインダーの使い方~ その②ガラス切断面に削げがある場合

こんにちは、コダマガラス児玉です。
 
前回は【プロ直伝シリーズ!】切断面の仕上げ~ディスクグラインダーの使い方~ その①クリーンカットされているガラスでしたが、今回は応用編で【プロ直伝シリーズ!】切断面の仕上げ ~ディスクグラインダーの使い方~ その②ガラス切断面に削げがある場合をご説明いたします。
 
まずは動画をご覧ください。

↓↓動画をチェック↓↓


 

 
 

ガラス切断面に削げがある場合

 

綺麗に真っすぐカットできずに、ガラスの切断面が削げてる場合のディスクグラインダーを使って真っすぐ綺麗に研磨する方法をご説明いたします。
 

砥石の種類

 
クリーンカットの場合は#80だけでよかったのですが、今回はこちらの種類を使い分けして作業していきます。
 

#80~#120
削れる量が少なく、時間がかかり熱割れしてしまう可能性があるため、削げているガラスをある程度真っすぐにした後に仕上げで使用する。
 


#60・#46
削げている部分を真っすぐに整える作業に使用します。
※#60は粗い分欠けが出やすいので注意してください。
 

工程

 
1.糸面を合わせながら削る
まずは上下の糸面のラインを合わせ、黄色の部分を削ります。
こちらのイラストでわかるように、下側の糸面の方が出ているので削る量が多いということです。

ポイント
最初に#80を軽くあててから#60か#46で加工する方が失敗は少ないです。

 
 
2.小口を真っすぐに整えます
糸面が取れたら小口を平らになるように研磨します。
#60#46を使って黄色の部分を削ります。

ポイント
同じ場所をあて続けると熱割れする可能性があるので注意してください。

 
3.もう一度糸面を削る
糸面部分がなくなるまで削ると欠けが出る可能性が高くなるので、ある程度小口を削ったら再度糸面黄色の部分)を削ります。

 
4.最後に研磨して仕上げる
ある程度真っすぐに整えたら#80~#120で仕上げます。

 

まとめ

 
いかがだったでしょうか?
削げがある場合のコツは、上下の糸面のラインを合わせることです!
ラインがずれているとどんなに研磨をしても切断面が斜めになってしまいます。
時間や手間がかかりますが、上や横から確認しながら作業するようにしましょう。
次回は、「ガタガタの切断面を研磨する方法」です。
 
 

詳しくは動画をご覧ください!


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


以上、【プロ直伝シリーズ!】切断面の仕上げ ~ディスクグラインダーの使い方~ その②ガラス切断面に削げがある場合でした。
 
 
ではまた来週
オーダーガラス板専門店
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス