2019年4月4日 ガラスDIY

切断面の仕上げ ~ディスクグラインダーの使い方~ その②ガラス切断面に削げがある場合 【ガラスDIY】

ガラスの切断面処理について

手加工で作業する場合はこちらのディスクグラインダ―とベルトサンダーを使います。

ガラス切断面が真っ直ぐクリーンにカットされている場合

概ね#80~#120を使って研磨するのですが、切断の際に削げが出てしまった場合は#80で研磨してもなかなか真っ直ぐに削ることができません。

そこで#60及び#46を使って削げている部分を真っ直ぐに整える作業が必要になるのですが、今回は切断面に削げがある場合についてご説明しようと思います。
では一度加工しているシーンをご覧ください。

ガラス切断面に削げがある場合

#80~#120で研磨する前に削げの部分を真っ直ぐにします。
この場合ディスクは#60か#46が良いです。

#80でも削ることができないことはないのですが、削れる量が少なく時間がかなりかかることと熱割れしてしまう可能性が高いので、#60か#46の方が良いです。

#60の場合は多く削れるのですが粗い分欠けが出やすいので注意が必要です。
#80でしたら欠ける可能性も低いので、熱割れさえ注意して作業すれば#80で加工しても問題はありません。

削げが出ている部分を真っ直ぐにする際

まずは糸面を取ってから真っ直ぐに整えます。

糸面を取る時に上下の糸面のラインを合わせると整えやすいです。

また、糸面を取る時にも欠けが出てしまうことがあるので、まず#80で軽くあててから#60か#46で加工する方が失敗は少ないです。

糸面を取ったら真っ直ぐに整えます

ガラスを削って減らす時に#60か#46を使います。

この時にも同じ場所をあて続けると熱割れする可能性はあるので注意して下さい。
また糸面部分がなくなるまで削ると欠けが出る可能性が高くなるので、ある程度削ったら再度糸面を取るようにして下さい。

真っ直ぐに整えたら#80~#120で研磨して仕上げの工程へ進みます。

コチラの加工方法は別の動画で説明していますのでコチラをご覧ください

以上、切断面の仕上げ ~ディスクグラインダーの使い方~
その② 切断面が削げているガラス編 でした。

次回はガタガタの切断面の場合や2mm~3mm研磨する場合の方法についてご説明したいと思います

最後に加工しているシーンをもう一度ご覧いただければと思います。


ではまた来週

※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


オーダーガラス板専門店

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス