2019年4月11日 DIYシリーズ!

【プロ直伝シリーズ!】切断面の仕上げ ~ディスクグラインダーの使い方~ その③ガタガタの切断面の場合

ガラスの切断面処理について

手加工で作業する場合はこちらのディスクグラインダ―とベルトサンダーを使います。

ガラス切断面が真っ直ぐクリーンにカットされている場合


概ね#80~#120を使って研磨し、切断の際に少し削げが出ているような場合は#60及び#46で真っ直ぐに整えてから研磨していくのですが、
今回は切断面がガタガタの場合や2mm~3mm程度小さくする必要がある場合についてご説明しようと思います。

ガラス切断面がガタガタの場合や2~3mm削る場合


#60か#46を使って真っすぐに整える必要があります。

切断面がガタガタの場合でもまずは上下の角の部分を削ってから小口面を真っ直ぐに整えます。
ポイントとしては上下の面を取る時にラインを真っ直ぐになるようにあてて、上下のラインも真っ直ぐに合わせてると整えやすいです。

また、ガラスを多く削る場合は#60でも可能ですが、時間がかかったり焼けてしまうことがあるので、多く削る場合は#46がお勧めです。
但し、#46の場合は欠けが出やすいので、糸面を取る時に#60で軽くあててから#46で加工する方が失敗は少ないです。

多く削る場合

一度に削るのではなく、斜めに面を取って小口を削るという工程を繰り返して、真っすぐに削ることができているか確認しながら作業を進めた方が良いです。
この時に、糸面部分がなくなるまで小口部分を削ると欠けが出やすくなるので、ある程度削ったら再度面を取るようにして下さい。
真っ直ぐに削るポイントは斜めに面を取ったラインを上下真っ直ぐに削り、そのラインを目安に小口を削っていくと真っ直ぐにしやすいです。

真っ直ぐに整えて希望のサイズまで減らすことができれば、#80~#120を使って研磨し仕上げの工程に進みます。

#80~#120での加工方法は別の動画で説明していますのでコチラをご覧ください。

ポイントの復習

切断面がガタガタの場合や2mm~3mm研磨する場合は、希望のサイズまでガラスを真っ直ぐに削る必要があります。

  • 切断面がガタガタの場合でもまずは上下面を取った後コバ面を研磨する。
  • 上下の面を取る時に面のラインを真っ直ぐにし、上下のラインも合わせて、そのラインを目安にしてコバ面を研磨する。
  • 糸面を取るラインは仕上りサイズより-1mmまでとする。
  • ガラスを1mm以上削る場合は、熱割れする可能性が高くなるのと、ガラスがなかなか減らないので、#60or#46を使用し、多く削る場合は#46を使用する。
  • 一度に削るのではなく、斜めに面を取って小口を削るという工程を繰り返して、真っすぐに削ることができているか確認しながら作業を進める。

これらのポイントに注意して作業すれば、ガラス切断面がガタガタでも、研磨することができると思います。

以上、切断面の仕上げ ~ディスクグラインダーの使い方~その③ガタガタの切断面の場合や2mm~3mm研磨する場合 でした。
次回はベルトサンダー等を使ってガラス切断面を磨く方法についてご説明したいと思います

最後に加工しているシーンをご覧ください。


ではまた来週
毎週木曜日 週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので
是非チャンネル登録もお願いします!!!
オーダーガラス板専門店

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:072-940-6084
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス