ブラケット壁面取付タイプの金具について~内々仕様のブラケット及びオプション 編

こんにちは! 株式会社コダマガラス 児玉です。

ということで、
前回は「外々仕様のブラケット及びオプション 編」にて
外々仕様の場合=ブラケットより外側にガラスを跳ねださせて設置する時のブラケットの種類及びオプション品についてご説明いたしましたが

今回は内々仕様の場合=ブラケットとブラケットの内側のサイズでガラスを設置する時のブラケットの種類及びオプション品について、金具の詳細をご説明いたします。

まずは動画をご覧ください

まずはブラケットについて

 
 
内々仕様の場合、ブラケットについてはホルダー用多機能ブラケットR-120GHSを使用します。

 
 
奥行サイズは150mm~450mmまででこれらのサイズがあります。
ガラスの奥行寸法は呼び名同じにして下さい。

 
 
内々仕様の場合ブラケットの上にガラスが乗る「フラットタイプ」とブラケットの内側に落とし込むように設置する「落とし込みタイプ」がありますが、今回は落としこみタイプとして説明を続けます。

 
 

セイフティホルダーについて

内々仕様の場合ホルダー用多機能ブラケットR-120GHSを使用しますが、このままではガラスを設置することができず

 
 
ブラケットに装着するセイフティホルダーが必要になります。

 
 
フラット用途落とし込み用がありますが、落とし込みの場合は厚み8mmのガラスを使用して丁度ブラケットの上端でフラットになりますので、ガラス厚みは基本的に8mmとして下さい。

 
 

開き止めバーについて

基本的にホルダー用ブラケットとセイフティホルダーのみでも使用はできますが、何かの拍子にガラス外れる可能性があるので、

 
 
内々仕様の場合はJPB-9 / 品名:開き止めバーもしくはJPB-15 / 品名:開き止め補強バーを使用した方が安全です。

 
 
また、開き止めバーはチャンネルサポートの芯々間の距離によってカット寸法決まります。
シングルとシングルの場合は芯々の寸法より-4mm、シングルとダブルスリットの場合は芯々より-9mmとなります。

 
 
内々仕様の場合、これら3点「ホルダー用ブラケット」と「セイフティホルダー」、「開き止めバー」があれば問題なくご使用いただけます。

 
 

最後にガラスサイズについてご説明いたします。

 
 
奥行寸法はブラケットの呼び名寸法で問題ありませんが、ガラスの幅サイズはチャンネルサポートの芯々間の寸法により決まります。

 
 
内々仕様で落とし込みタイプの場合、チャンネルサポートの種類がシングルスリットとシングルスリットの場合は芯々間の寸法-8mm。

 
 
シングルスリットとダブルスリット間の場合は芯々間の寸法より-13mm、ダブルスリットとダブルスリット間の場合は芯々間の寸法より-17mmとなります。

如何でしたでしょうか?

 
 
少し長くなりましたが「ブラケット壁面取付タイプの金具について~内々仕様のブラケット及びオプション 編」ということで、

ポイントは内々仕様の場合、「ホルダー用ブラケット」と「セイフティホルダー」、「開き止めバー」
の3点が必要ということと

 
 
開き止めバーとガラスの幅サイズがチャンネルサポートの中心間の寸法により決められてくるということです。

 
 
ガラスの幅寸法及び開き止めバーのカットサイズについては、こちらの方からカット寸法を含めてご提案・お見積りいたしますので、お問い合わせ時にチャンネルサポート間の寸法をお伝えください。


 
 
その他ご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡頂ければと思います。
 
 

この記事の内容を動画で見る


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


 
 
株式会社コダマガラスでは、
ガラス板と棚受け金具をセットでお送りします!

詳しくはガラス棚専門店をご参照ください。
ガラス棚専門店

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス