『強化ガラス製オイルガード』の取り付け方法 対面カウンターに設置


こんにちは。コダマガラス児玉です。
 
 
今回は対面カウンターに設置する「強化ガラス製オイルガード」の取付方法についてご説明いたします。

 
 
今回のメニューはコチラ(クリックでジャンプします)

 
 
 
では少し長いですが、興味のある方はお付き合いください。

1.取り付け位置を決めて、設置場所の開口寸法を確認する

 
 
まず取り付け位置と幅のサイズを決めますが、オイルガードということなのでコンロ前にコンロと同じサイズか少し大きめに設定します。
  
今回はカウンター前のコンロ台が600mmなので幅は600mmで設定します
 
 
 
高さ寸法はきっちりと採寸して下さい。念のために両端と中央部の3点採寸していただけると確実です。

 
 
 
お問い合わせの際は「開口寸法=取り付ける位置の幅と高さサイズ」をご連絡下さい。

 
 

2.ご希望のガラス種類・金具をお選びください

 
 
オイルガードとして使用する場合、ガラス種類は強化フロートガラス(=普通透明強化ガラス)が良いです。

その他、強化高透過ガラスや、強化スモーク(グレー:黒色)、強化スモーク(ブロンズ:茶色)や、強化フロスト(タペストリー)ガラスもあります。
 
強化ガラスの耐熱温度は150℃~200℃となります。
直接火が当たらなければ強化ガラスで良いですが、飲食店等で直接火が当たるようであれば耐熱ガラスでご検討下さい。

 
 
開口の高さ寸法によって適したガラス厚みがありますので、厚みの目安はこちらをご確認ください。

今回は開口寸法が900mmなので8mmを使用します。
 
 
 
お勧めの金具はコチラ「ステンレスヘアーライン製」が良いです

 
 
 
ガラスの厚みによってコの字チャンネルの種類・サイズが違います。また、素材は『ステンレス』及び『アルミシルバー』があります。
おすすめは一番左のものです。




 

3.ガラス・金物のサイズを確認する

 

幅サイズについて

コの字チャンネルは開口寸法=初めに設定していただいた幅寸法にカットいたします。
ガラスの幅寸法は開口寸法より-2mmで製作いたします。

 

高さサイズについて

ガラスをコの字チャンネルの中にはめ込む時に、ケンドンではめ込む方法と、スライドさせてはめ込む方法があります。
 
ケンドン式とは上部のコの字チャンネルに差し込んで、下のチャンネルに落とし込む方法です。
ケンドン式
 
 
スライド式とはこのように横から真っ直ぐ立 てた状態でスライドさせるようにはめ込む方法です。
スライド式
 
ガラスの高さ寸法は開口寸法とケンドン式orスライド式のどちらではめ込むのかをご連絡頂ければ当方にて高さ寸法を設定いたします。
 
※スライド式ではめ込む場合は設定した幅寸法の2倍の空間が必要なりますのでご注意ください。
 

4.金具とガラスを取り付けます。

 
 
 
届いたのがコチラ。
ガラスの他に同梱品として、コの字チャンネル、取り付けビス、セッティングブロック、PPバンド、バックアップ材を同梱いたします。

 
 

コの字チャンネルをビス止めします。


 
 
 
コの字チャンネルには皿穴が開いています。
木ビスを同梱していますので下地が木の場合はご使用ください。

※ビスが適合しない場合はお客様にて別途ご用意ください
 
 
 
カウンター天板面はビス止めではなく接着でも問題はありませんが、上部は倒れ防止のためビス止めにてお願い致します。
水や油で剥がれる場合があるのでご注意ください。
 
 

ガラスをはめ込む


 
 
ガラスをはめこむ前に下のコの字チャンネルの中へセッティングブロックをセッティングします。

 
 
位置はこの辺りで良いです

 
 
 
ここではめ込んだガラスが垂直に立っているかを確認します。
上の端と下の端を見比べてみて下さい。

この場合でしたら右側を少し上に上げると垂直になるので、セッティングブロックの上にPPバンドを置いて高さを調整します。
 
ガラスが垂直になったら、両サイドとも割り振りで同じ位置にセットします。
 
 

ガタ付きを固定させる


 
こちらのバックアップ材を使って中心に固定させます。

 
 
バックアップ材の入れ方に注意して下さい。

また中に押し込みすぎると、ガラスの上下に廻りこんでしまうので真っ直ぐ平行に少しずつ差し込んでください。
 
 

コーキングをする前にマスキングテープで養生する

コーキングをする前にマスキングテープで養生します。

 
 
コの字チャンネル側はコの字チャンネルの角に合わせて貼って下さい。
チャンネルの内側に入るとめくる時に汚くなるのでどちらかと言えば外側にある方がまだ失敗が少ないです。

ガラス側はコの字チャンネルより2mm~3mmガラスが見えるラインで貼って下さい。
コーキング用ヘラによって違いますので一度合わせてみると失敗が少ないです。
 
 

コーキングで仕上げます

シリコンの色は、コの字チャンネルがステンレスヘアーラインであればライトグレーかアルミが綺麗です。

 
 
シリコンを充填しコーキング用ヘラで仕上げていきます。

 
 
あまり時間がかかりすぎると表面が乾き始めて仕上がりが汚くなりますので、目安としてコーキングを充填してから10分以内には仕上げ作業を終わらせるようにして下さい。

 
 

清掃します

 
ガラスや金物も最後に綺麗にします。

 
 
もう完成まであと少し。

 
 
 
以上『強化ガラス製オイルガード』を設置する方法でした。

 
 
その他ご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。

この記事の内容を動画で見る

詳しくは動画でもご説明しています、是非こちらもご覧ください。


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
 
これらの動画はyoutubeで公開しています。
 
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!

 
 
 
以上「対面カウンターに設置する『強化ガラス製オイルガード』の取り付け方法」でした。
 
 
お問い合わせやオーダーについてはWEBサイトを参照ください
対面カウンターに設置する
『強化ガラス製のオイルガード』をオーダーする方法
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス