2017年7月13日 公式youtubeチャンネル

テーブルトップの上に置くガラスの測り方~ 四角形編

こんにちは! 株式会社コダマガラス 児玉です。
 
今回は「テーブルトップの上に置くガラスの測り方~ 四角形編」ということで、
ダイニングテーブルやリビングテーブルの天板の上に置くガラスの採寸方法について、ご説明いたします。

 
 
まずは動画をご覧ください


 

通常のテーブルの天板の淵がほぼ直角の場合

 
 
スケールでタテとヨコをのサイズを測って下さい。

 
 
ガラスサイズは天板と同じサイズで特に問題ないですが、ガラスの端が気になる方は、1mm~2mmの若干だけ小さめにするのをお勧めいたします


ガラスがテーブルより外側に出るよりかは内側にある方がより安全にご使用いただけます

続いてテーブルの淵が丸くなっている場合

 
 
テーブルの淵が丸かったり段差があったりすると、スケールの先端がひっかからないため計測が難しくなりますが…
 
この場合は100mmの位置を端に合わせすると正確に採寸ができます。

 
※採寸後メモリの数値から100mmマイナスするして下さい。

 

テーブル天板が丸くなっている場合は、ガラスと天板面が密着する部分のサイズで使用して頂くことをお勧めしています
採寸に当たっては、大きくなるより小さくなった方がより安全にご使用頂けますので少し小さめ(-1mm ~ -2mm程度)された方がより確実です

テーブル天板の4隅が丸くなっていたり、斜め45度にカットされている場合

 
 
 

まずWEBサイト、以下のリンクから角Rもしくは角Cの型紙の用紙を出力します。

 
 
4隅が丸くなっている場合 ⇒ 角R加工(かどアールかこう)
R5mm 50mm  R55mm 100mm  R105mm 150mm
 
 
4隅が斜め45°にカットされている場合 ⇒ 角C加工(かどシーかこう)
C5mm 50mm  C55mm 100mm  C105mm 150mm
 
 

この時に縮尺が変更しないように出力し、用紙のこの部分が30mmになっているかご確認ください。

 
 
用紙を出力しましたらだいたいの目安を確認し少し大きめのサイズのラインから順番にカットして合わせて下さい。

 
 
小さめのラインでかっとしてしまうと合わせにくくなるのでご注意ください。

周囲を1mmずつ小さくする場合はRの大きさも1mmだけ小さくオーダーすることも可能です。
 
 
以上「テーブルトップの上に置くガラスの測り方~ 四角形編」でした

この記事の内容を動画で見る

 
詳しくは動画でもご説明しています、是非こちらもご覧ください。
 


※ 動画は楽しく見ていただけるように若干演出を加えて編集しています!!
これらの動画はyoutubeで公開しています。
週1本ペースでさまざまな動画をアップしていきますので是非チャンネル登録もお願いします!!!


 
 
 
 
以上「テーブルトップの上に置くガラスの測り方~ 四角形編」でした
 
その他ご質問等ありましたらWEBサイトからご相談いただくか株式会社コダマガラスまでご連絡下さい。
 
 
お問い合わせやオーダーについてはWEBサイトを参照ください
 
 
オーダーサイズガラス天板、テーブルトップガラス販売専門店
 
 
 

株式会社コダマガラス 児玉(こだま)
581-0054 大阪府八尾市南亀井町4-1-2
TEL:
FAX:072-991-6380
MAIL:manager@kodama-glass.co.jp
株式会社コダマガラス